博覧大学(仮称)

HAKURAN University

インターネット上に設立する仮想大学の立ち上げに関するブログです(サイト立ち上げまではコンテンツを掲載します)。
当ブログの管理人である強記総長の判断と思想による記事ですので、体質に合わない方はお気をつけ下さい。
プロ野球は阪神タイガース、サッカーは浦和レッズに偏っていますので、読売好きの方はご注意ください。
2008年 J1第22節/J2第32節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 40 +14 38 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 39 + 8 32 名古屋グランパス
 3位 38 +18 41 鹿島アントラーズ
 4位 38 + 8 24 大分トリニータ
 5位 37 + 6 37 川崎フロンターレ
 6位 33 + 1 29 ガンバ大阪
 7位 32 + 4 29 柏レイソル
 8位 32 ー 3 23 京都サンガF.C.
 9位 30 + 1 24 ヴィッセル神戸
10位 30   0 33 東京ヴェルディ
11位 30 ー 2 27 FC東京
12位 29 ー 1 26 大宮アルディージャ
13位 29 ー 9 21 アルビレックス新潟
14位 28 ー 4 25 清水エスパルス
15位 26   0 24 横浜F・マリノス
16位 25 ー 5 28 ジュビロ磐田
17位 17 ー20 18 ジェフユナイテッド千葉
18位 16 ー16 23 コンサドーレ札幌


J2  勝点 得失差 得点
 1位 68 +36 59 サンフレッチェ広島
 2位 54 +20 48 モンテディオ山形
 3位 49 + 4 32 サガン鳥栖
 4位 48 +18 53 湘南ベルマーレ
 5位 46 + 7 46 セレッソ大阪
 6位 46 + 7 39 ベガルタ仙台
 7位 46 + 5 36 ザスパ草津
 8位 40   0 36 ヴァンフォーレ甲府
 9位 40 ―13 39 アビスパ福岡
10位 35 ー 2 35 横浜FC
11位 34 ― 9 32 FC岐阜
12位 33 ―14 38 水戸ホーリーホック
13位 28 ―16 27 愛媛FC
14位 27 ―19 35 ロアッソ熊本
15位 21 ―24 27 徳島ヴォルティス

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:20 | comments(0) | trackbacks(7) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−28)J1第22節
2008年8月23日18時34分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客45,253人)
浦和レッズ3−1ジュビロ磐田
浦和:ポンテ(44分)、平川(57分)、高原(89分)
磐田:カレン ロバート(42分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第21節/J2第31節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 38 +19 40 鹿島アントラーズ
 2位 37 +12 35 浦和レッドダイヤモンズ
 3位 36 + 7 30 名古屋グランパス
 4位 35 + 7 23 大分トリニータ
 5位 34 + 5 36 川崎フロンターレ
 6位 32 + 5 27 柏レイソル
 7位 32 + 1 28 ガンバ大阪
 8位 30 ー 1 26 FC東京
 9位 29 + 1 23 ヴィッセル神戸
10位 29   0 26 大宮アルディージャ
11位 29 ー 4 22 京都サンガF.C.
12位 29 ー 8 21 アルビレックス新潟
13位 27 ー 1 31 東京ヴェルディ
14位 25 ー 3 27 ジュビロ磐田
15位 25 ー 5 22 清水エスパルス
16位 23 ー 1 23 横浜F・マリノス
17位 17 ー19 18 ジェフユナイテッド千葉
18位 16 ー15 23 コンサドーレ札幌


J2  勝点 得失差 得点
 1位 65 +32 55 サンフレッチェ広島
 2位 53 +20 47 モンテディオ山形
 3位 49 + 5 32 サガン鳥栖
 4位 45 +17 52 湘南ベルマーレ
 5位 45 + 7 44 セレッソ大阪
 6位 45 + 7 38 ベガルタ仙台
 7位 43 + 3 33 ザスパ草津
 8位 40 ― 9 39 アビスパ福岡
 9位 39   0 35 ヴァンフォーレ甲府
10位 35 ー 2 35 横浜FC
11位 34 ― 7 31 FC岐阜
12位 32 ―14 36 水戸ホーリーホック
13位 27 ―16 25 愛媛FC
14位 26 ―19 33 ロアッソ熊本
15位 20 ―24 26 徳島ヴォルティス

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−27)J1第21節
2008年8月16日18時34分キックオフ@味の素スタジアム(観客37,154人)
FC東京0−1浦和レッズ
浦和:相馬(67分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−26)J1第20節
2008年8月9日19時34分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客46,981人)
浦和レッズ2−2柏レイソル
浦和:阿部(34分)、永井(89分)
柏:菅沼(18分)、フランサ(89分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−25)J1第19節
2008年7月27日18時34分キックオフ@県立カシマサッカースタジアム(観客36,412人)
鹿島アントラーズ1−1浦和レッズ
鹿島:小笠原(40分)
浦和:達也(82分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−24)J1第18節
2008年7月21日18時01分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客51,168人)
浦和レッズ1−3川崎フロンターレ
浦和:高原(7分)
川崎:伊藤(27分)、鄭(66分)、ジュニオール(68分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−23)J1第17節
2008年7月17日19時31分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客35,080人)
浦和レッズ3−2東京ヴェルディ
浦和:闘莉王(23分、36分、58分)
東京:フッキ(7分)、ディエゴ(41分)

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−22)J1第16節
2008年7月12日18時05分キックオフ@九州石油ドーム(観客28,214人)
大分トリニータ2−0浦和レッズ
大分:前田(10分)、ウェズレイ(80分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J2第25節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 52 +27 45 サンフレッチェ広島
 2位 41 +15 39 モンテディオ山形
 3位 41 +11 40 セレッソ大阪
 4位 40 + 8 34 ベガルタ仙台
 5位 39 + 2 27 サガン鳥栖
 6位 37 + 3 28 ザスパ草津
 7位 34 + 8 39 湘南ベルマーレ
 8位 30   0 28 横浜FC
 9位 30 ― 2 29 FC岐阜
10位 29 ―12 27 アビスパ福岡
11位 26 ― 7 22 ヴァンフォーレ甲府
12位 25 ―12 28 水戸ホーリーホック
13位 24 ― 7 22 愛媛FC
14位 19 ―16 22 徳島ヴォルティス
15位 18 ―18 24 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第15節/J2第24節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 29 +14 27 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 28 +14 27 鹿島アントラーズ
 3位 26 + 6 20 柏レイソル
 4位 26 + 3 20 名古屋グランパス
 5位 25 + 3 23 ガンバ大阪
 6位 24 + 2 21 FC東京
 7位 23 + 2 25 川崎フロンターレ
 8位 22 + 3 21 大宮アルディージャ
 9位 22 ー 2 16 アルビレックス新潟
10位 21 + 2 15 大分トリニータ
11位 20 ー 1 21 東京ヴェルディ
12位 19   0 18 ヴィッセル神戸
13位 19 ー 6 15 清水エスパルス
14位 18 + 2 19 横浜F・マリノス
15位 18 ー 6 13 京都サンガF.C.
16位 17 ー 3 19 ジュビロ磐田
17位 11 ー15 16 コンサドーレ札幌
18位  9 ー18 11 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 49 +25 43 サンフレッチェ広島
 2位 41 +17 39 モンテディオ山形
 3位 39 + 3 26 サガン鳥栖
 4位 38 + 9 38 セレッソ大阪
 5位 37 + 7 32 ベガルタ仙台
 6位 37 + 4 27 ザスパ草津
 7位 33 + 8 38 湘南ベルマーレ
 8位 30 ― 2 29 FC岐阜
 9位 29   0 28 横浜FC
10位 26 ―13 25 アビスパ福岡
11位 25 ― 7 22 ヴァンフォーレ甲府
12位 24 ― 5 22 愛媛FC
13位 22 ―14 25 水戸ホーリーホック
14位 18 ―16 23 ロアッソ熊本
15位 18 ―16 21 徳島ヴォルティス

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−21)J1第15節
2008年7月5日19時04分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客49,218人)
浦和レッズ2−0FC東京
浦和:エジミウソン(3分)、永井(88分)

ゴールポストに助けられましたけど、審判には苦しめられました。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第14節/J2第23節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 26 +12 25 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 26 + 4 20 名古屋グランパス
 3位 25 +13 25 鹿島アントラーズ
 4位 25 + 4 23 ガンバ大阪
 5位 24 + 4 21 FC東京
 6位 23 + 5 19 柏レイソル
 7位 22 + 4 21 大宮アルディージャ
 8位 20 + 2 14 大分トリニータ
 9位 20 + 1 23 川崎フロンターレ
10位 19 ー 3 14 アルビレックス新潟
11位 18 + 3 18 横浜F・マリノス
12位 18 ー 6 13 清水エスパルス
13位 17 ー 2 18 ジュビロ磐田
14位 17 ー 4 18 東京ヴェルディ
15位 17 ー 6 12 京都サンガF.C.
16位 16 ー 1 18 ヴィッセル神戸
17位 10 ー15 14 コンサドーレ札幌
18位  9 ー15 11 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 48 +25 41 サンフレッチェ広島
 2位 41 +18 38 モンテディオ山形
 3位 38 +10 38 セレッソ大阪
 4位 37 + 8 32 ベガルタ仙台
 5位 36 + 4 27 ザスパ草津
 6位 36 + 2 25 サガン鳥栖
 7位 33 + 9 38 湘南ベルマーレ
 8位 28   0 28 横浜FC
 9位 27 ― 3 27 FC岐阜
10位 26 ―11 25 アビスパ福岡
11位 22 ― 9 20 ヴァンフォーレ甲府
12位 21 ― 6 21 愛媛FC
13位 19 ―15 24 水戸ホーリーホック
14位 18 ―16 21 徳島ヴォルティス
15位 17 ―16 21 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−20)J1第14節
2008年6月28日19時03分キックオフ@国立競技場(観客36,785人)
柏レイソル2−1浦和レッズ
柏:李(29分)、太田(84分)
浦和:阿部(63分)

公式戦5連敗・・・
また、どん底かしら?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第13節/J2第22節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 26 +13 24 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 26 + 8 20 名古屋グランパス
 3位 23 + 4 20 FC東京
 4位 22 + 9 21 鹿島アントラーズ
 5位 22 + 2 19 ガンバ大阪
 6位 20 + 4 17 柏レイソル
 7位 20 + 2 22 川崎フロンターレ
 8位 19 + 2 19 大宮アルディージャ
 9位 18 + 4 18 横浜F・マリノス
10位 17 + 1 13 大分トリニータ
11位 17 ー 2 18 東京ヴェルディ
12位 17 ー 5 11 京都サンガF.C.
13位 16   0 17 ヴィッセル神戸
14位 16 ー 4 12 アルビレックス新潟
15位 15 ー 7 11 清水エスパルス
16位 14 ー 3 17 ジュビロ磐田
17位 10 ー13 12 コンサドーレ札幌
18位  8 ー15 10 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 48 +26 40 サンフレッチェ広島
 2位 38 +17 36 モンテディオ山形
 3位 38 +11 36 セレッソ大阪
 4位 36 + 3 25 サガン鳥栖
 5位 34 + 7 28 ベガルタ仙台
 6位 33 + 3 26 ザスパ草津
 7位 30 + 5 34 湘南ベルマーレ
 8位 28   0 28 横浜FC
 9位 25 ―11 24 アビスパ福岡
10位 24 ― 4 26 FC岐阜
11位 22 ― 5 20 ヴァンフォーレ甲府
12位 20 ― 6 20 愛媛FC
13位 19 ―14 21 水戸ホーリーホック
14位 18 ―15 21 徳島ヴォルティス
15位 14 ―17 18 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年南アフリカW杯アジア3次予選 第6戦
1組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 4  7 オーストラリア(最終予選進出決定)
2位 10 ー 1  5 カタール(最終予選進出決定)

3位  7 ー 2  4 イラク(3次予選敗退決定)
4位  6 ー 1  3 中国(3次予選敗退決定)

2組 勝点 得失点 得点

1位 13 + 9 12 日本(最終予選進出決定)
2位 11 + 2  7 バーレーン(最終予選進出決定)

3位  8 ー 2  5 オマーン(3次予選敗退決定)
4位  1 ー 9  5 タイ(3次予選敗退決定)

3組 勝点 得失点 得点
1位 12 + 7 10 韓国(最終予選進出決定)
2位 12 + 4  4 北朝鮮(最終予選進出決定)

3位  7   0  6 ヨルダン(3次予選敗退決定)
4位  1 ―11  1 トルクメニスタン(3次予選敗退決定)

4組 勝点 得失点 得点
1位 15 + 9 14 サウジアラビア(最終予選進出決定)
2位 15 + 8 15 ウズベキスタン(最終予選進出決定)

3位  6 ー 6  7 シンガポール(3次予選敗退決定)
4位  0 ー11  3 レバノン(3次予選敗退決定)

5組 勝点 得失点 得点
1位 12 + 5  7 イラン(最終予選進出決定)
2位  8   0  7 アラブ首長国連邦(最終予選進出決定)

3位  8 ー 1  7 シリア(3次予選敗退決定)
4位  4 ー 4  8 クウェート(3次予選敗退決定)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
J2第21節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 45 +25 38 サンフレッチェ広島
 2位 38 +12 35 セレッソ大阪
 3位 37 +17 35 モンテディオ山形
 4位 33 + 7 28 ベガルタ仙台
 5位 33 + 2 23 サガン鳥栖
 6位 30 + 2 24 ザスパ草津
 7位 29 + 5 33 湘南ベルマーレ
 8位 25 ― 1 27 横浜FC
 9位 24 ― 3 26 FC岐阜
10位 22 ― 5 20 ヴァンフォーレ甲府
11位 22 ―12 23 アビスパ福岡
12位 20 ― 5 19 愛媛FC
13位 19 ―13 21 水戸ホーリーホック
14位 18 ―14 20 徳島ヴォルティス
15位 13 ―17 18 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
J2第20節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 42 +24 36 サンフレッチェ広島
 2位 37 +18 35 モンテディオ山形
 3位 35 +11 34 セレッソ大阪
 4位 30 + 5 25 ベガルタ仙台
 5位 30 + 1 22 サガン鳥栖
 6位 29 + 5 33 湘南ベルマーレ
 7位 29 + 2 23 ザスパ草津
 8位 24 ― 1 25 横浜FC
 9位 23 ― 3 25 FC岐阜
10位 22 ―11 23 アビスパ福岡
11位 19 ― 5 17 愛媛FC
12位 19 ― 6 19 ヴァンフォーレ甲府
13位 19 ―12 20 水戸ホーリーホック
14位 18 ―12 19 徳島ヴォルティス
15位 13 ―16 18 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年南アフリカW杯アジア3次予選 第5戦
1組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 5  6 オーストラリア(最終予選進出決定)
2位  7 ー 1  4 イラク
3位  7 ー 2  4 カタール
4位  3 ー 2  2 中国(3次予選敗退決定)

2組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 3  7 バーレーン(最終予選進出決定)
2位 10 + 8 11 日本(最終予選進出決定)

3位  5 ー 3  3 オマーン(3次予選敗退決定)
4位  1 ー 8  4 タイ(3次予選敗退決定)

3組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 7 10 韓国(最終予選進出決定)
2位 11 + 4  5 北朝鮮(最終予選進出決定)

3位  4 ー 2  4 ヨルダン(3次予選敗退決定)
4位  1 ― 9  2 トルクメニスタン(3次予選敗退決定)

4組 勝点 得失点 得点
1位 15 +12 15 ウズベキスタン(最終予選進出決定)
2位 12 + 5 10 サウジアラビア(最終予選進出決定)

3位  3 ー 7  5 シンガポール(3次予選敗退決定)
4位  0 ー10  2 レバノン(3次予選敗退決定)

5組 勝点 得失点 得点
1位  9 + 3  5 イラン(最終予選進出決定)
2位  8 + 2  6 アラブ首長国連邦
3位  5 ー 3  4 シリア
4位  4 ー 2  8 クウェート(3次予選敗退決定)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
J2第19節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 41 +24 35 サンフレッチェ広島
 2位 34 +15 32 モンテディオ山形
 3位 34 +11 31 セレッソ大阪
 4位 30 + 8 25 ベガルタ仙台
 5位 29 + 6 33 湘南ベルマーレ
 6位 27   0 21 サガン鳥栖
 7位 26   0 21 ザスパ草津
 8位 24   0 25 横浜FC
 9位 21 −11 22 アビスパ福岡
10位 20 − 4 24 FC岐阜
11位 19 −10 20 水戸ホーリーホック
12位 18 − 6 16 ヴァンフォーレ甲府
13位 18 −10 19 徳島ヴォルティス
14位 16 − 7 15 愛媛FC
15位 13 −16 18 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 06:59 | comments(0) | trackbacks(3) |
ナビスコ杯第6節/J2第18節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位 15 + 9 14 名古屋グランパス
 2位 10   0  5 ヴィッセル神戸
 3位  6 ー 1  7 京都サンガ
 4位  2 ー 8  8 浦和レッドダイヤモンズ

ナ杯B
 1位 11 + 7 13 清水エスパルス
 2位 11 + 5 12 FC東京
 3位 10 + 3 10 ジュビロ磐田
 4位  1 ー15  2 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位 12 + 4  9 ジェフユナイテッド千葉
 2位  9 + 2  9 柏レイソル
 3位  6 ー 1  9 川崎フロンターレ
 4位  5 ー 5  4 コンサドーレ札幌

ナ杯D
 1位 12 + 6  8 横浜F・マリノス
 2位 11 + 4  9 大分トリニータ
 3位  4 ー 4  4 アルビレックス新潟
 4位  3 ー 6  4 大宮アルディージャ


J2  勝点 得失差 得点
 1位 38 +22 33 サンフレッチェ広島
 2位 34 +13 31 セレッソ大阪
 3位 31 +12 29 モンテディオ山形
 4位 29 + 7 31 湘南ベルマーレ
 5位 27 + 6 23 ベガルタ仙台
 6位 27 + 1 20 サガン鳥栖
 7位 24 + 2 25 横浜FC
 8位 23 ー 1 18 ザスパ草津
 9位 21 ー 8 22 アビスパ福岡
10位 19 ー 4 24 FC岐阜
11位 18 ー 4 16 ヴァンフォーレ甲府
12位 16 ー 7 15 愛媛FC
13位 16 ー11 18 水戸ホーリーホック
14位 15 ー12 17 徳島ヴォルティス
15位 12 ー16 18 ロアッソ熊本

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−19)ナビスコ杯予選第6節
2008年6月8日15時00分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客35,417人)
浦和レッズ1−5名古屋グランパス
名古屋:小川(14分)、杉本3(61分、76分、87分)、阿部(71分)
浦和:梅崎(54分)


| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
2010年南アフリカW杯アジア3次予選 第4戦
1組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 3  4 オーストラリア
2位  7   0  3 カタール
3位  4 ー 2  2 イラク
4位  3 ー 1  1 中国

2組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 3  6 バーレーン
2位  7 + 5  8 日本
3位  4 ー 3  2 オマーン
4位  1 ー 5  4 タイ

3組 勝点 得失点 得点
1位  8 + 5  7 韓国
2位  8 + 2  3 北朝鮮
3位  4   0  4 ヨルダン
4位  1 ― 7  1 トルクメニスタン(3次予選敗退決定)

4組 勝点 得失点 得点
1位 12 + 9 12 ウズベキスタン(最終予選進出決定)
2位  9 + 3  8 サウジアラビア
3位  3 ー 5  5 シンガポール
4位  0 ー 7  2 レバノン(3次予選敗退決定)

5組 勝点 得失点 得点
1位  6 + 1  3 イラン
2位  5 + 1  3 アラブ首長国連邦
3位  5 + 1  2 シリア(1試合未消化)
4位  1 ー 3  2 クウェート(1試合未消化)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 05:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
2010年南アフリカW杯アジア3次予選
1組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 4  4 オーストラリア
2位  4 ー 1  2 カタール
3位  3   0  1 中国
4位  1 ー 3  1 イラク

2組 勝点 得失点 得点
1位  9 + 3  5 バーレーン
2位  6 + 5  7 日本
3位  3 ー 3  1 オマーン
4位  0 ー 5  3 タイ

3組 勝点 得失点 得点
1位  5 + 4  6 韓国
2位  5 + 1  2 北朝鮮
3位  4 + 1  4 ヨルダン
4位  1 ― 6  1 トルクメニスタン

4組 勝点 得失点 得点
1位  9 + 8 11 ウズベキスタン
2位  6 + 2  6 サウジアラビア
3位  3 ー 4  5 シンガポール
4位  0 ー 6  1 レバノン

5組 勝点 得失点 得点
1位  5 + 2  3 アラブ首長国連邦
2位  5 + 1  2 シリア
3位  3   0  2 イラン
4位  1 ー 3  2 クウェート
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:31 | comments(0) | trackbacks(7) |
ナビスコ杯第5節/J2第17節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位 12 + 5  9 名古屋グランパス
 2位  9   0  4 ヴィッセル神戸
 3位  5 ー 1  6 京都サンガ
 4位  2 ー 4  7 浦和レッドダイヤモンズ

ナ杯B
 1位 11 + 9 13 清水エスパルス
 2位  8 + 3  8 FC東京
 3位  7 + 1  8 ジュビロ磐田
 4位  1 ー13  0 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位  9 + 3  6 ジェフユナイテッド千葉
 2位  6 ー 1  6 柏レイソル
 3位  5   0  7 川崎フロンターレ
 4位  5 ー 2  4 コンサドーレ札幌

ナ杯D
 1位  9 + 5  7 横浜F・マリノス
 2位  8 + 3  8 大分トリニータ
 3位  4 ー 3  4 アルビレックス新潟
 4位  3 ー 5  4 大宮アルディージャ


J2  勝点 得失差 得点
 1位 35 +19 28 サンフレッチェ広島
 2位 34 +14 30 セレッソ大阪
 3位 29 +10 29 湘南ベルマーレ
 4位 28 + 9 26 モンテディオ山形
 5位 27 + 6 23 ベガルタ仙台
 6位 27 + 4 20 サガン鳥栖
 7位 23 + 2 24 横浜FC
 8位 20 ー 2 16 ザスパ草津
 9位 18 ー 3 15 ヴァンフォーレ甲府
10位 18 ー 4 24 FC岐阜
11位 18 ー 9 20 アビスパ福岡
12位 15 ー 7 15 愛媛FC
13位 14 ー12 16 徳島ヴォルティス
14位 13 ー12 16 水戸ホーリーホック
15位 12 ー15 17 ロアッソ熊本
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−18)ナビスコ杯予選第5節
2008年5月25日19時00分キックオフ@ホームズスタジアム神戸(観客17,453人)
ヴィッセル神戸2−1浦和レッズ
神戸:栗原(36分、86分)
浦和:高原(4分)

グループリーグ敗退決定!!
残りの1節はリーグから何を言われようとも若手をどんどん試して欲しいですね。

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:49 | comments(0) | trackbacks(4) |
ナビスコ杯第4節/J2第16節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位  9 + 4  7 名古屋グランパス
 2位  6 ー 1  2 ヴィッセル神戸
 3位  5   0  5 京都サンガ
 4位  2 ー 3  6 浦和レッドダイヤモンズ

ナ杯B
 1位 10 + 9 12 清水エスパルス
 2位  7 + 3  7 FC東京
 3位  4 ー 2  5 ジュビロ磐田
 4位  1 ー10  0 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位  8 + 3  5 ジェフユナイテッド千葉
 2位  5   0  4 コンサドーレ札幌
 3位  5 ー 1  5 柏レイソル
 4位  3 ー 2  5 川崎フロンターレ

ナ杯D
 1位  8 + 5  5 横浜F・マリノス
 2位  7 + 3  6 大分トリニータ
 3位  3 ー 3  3 アルビレックス新潟
 4位  2 ー 5  3 大宮アルディージャ


J2  勝点 得失差 得点
 1位 35 +19 28 サンフレッチェ広島
 2位 31 +12 28 セレッソ大阪
 3位 28 +10 27 湘南ベルマーレ
 4位 27 + 6 19 サガン鳥栖
 5位 26 + 6 21 ベガルタ仙台
 6位 25 + 6 21 モンテディオ山形
 7位 23 + 5 22 横浜FC
 8位 17 ー 3 14 ヴァンフォーレ甲府
 9位 17 ー 4 23 FC岐阜
10位 17 ー 4 14 ザスパ草津
11位 15 ー 5 15 愛媛FC
12位 15 ー11 17 アビスパ福岡
13位 14 ー11 16 徳島ヴォルティス
14位 12 ー13 17 ロアッソ熊本
15位 10 ー13 15 水戸ホーリーホック

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−17)ナビスコ杯予選第4節
2008年5月25日19時00分キックオフ@豊田スタジアム(観客21,015人)
名古屋グランパス4−2浦和レッズ
名古屋:小川(6分)、杉本(14分)、巻(42分)、津田(88分)
浦和:達也(32分)、内舘(56分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
AFCチャンピオンズリーグ 第6戦
A組 勝点 得失点 得点
1位 13 + 6  8 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
2位  9 + 1  6 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
3位  7 ー 3  5 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan
4位  6 ー 4  4 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad

B組 勝点 得失点 得点
1位 12 + 4  7 サイパ(イラン)Saipa
2位  8   0  5 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
3位  7 ー 2  5 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club
4位  5 ー 2  4 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC

C組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 5  8 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  9 ー 1  6 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda
3位  6 ー 2  6 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
4位  4 ー 2  5 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli

D組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 1  8 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位 11 + 7 13 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor
3位  8 ー 3  8 アルビール(イラク)Arbil
4位  2 ー 5  3 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
→1位と2位は直接対決の成績で決定

E組 勝点 得失点 得点
1位 14 + 7  9 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位 12 + 7 10 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  5 ー 1  6 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
4位  1 ー13  4 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC

F組 勝点 得失点 得点
1位 15 +25 28 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位 12 + 5 14 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  7 ー 7 20 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC
4位  1 ー23  4 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh<

G組 勝点 得失点 得点
1位 14 + 6 14 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
2位  7 ー 1 10 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
3位  6 ー 2  8 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
4位  5 ー 3  7 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:15 | comments(0) | trackbacks(9) |
2008年 J2第15節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 32 +18 27 サンフレッチェ広島
 2位 28 + 7 23 セレッソ大阪
 3位 26 + 8 21 ベガルタ仙台
 4位 25 + 7 23 湘南ベルマーレ
 5位 24 + 2 15 サガン鳥栖
 6位 23 + 8 21 横浜FC
 7位 22 + 4 18 モンテディオ山形
 8位 17 + 1 23 FC岐阜
 9位 17 ー 2 13 ヴァンフォーレ甲府
10位 17 ー 3 14 ザスパ草津
11位 14 ー 7 16 徳島ヴォルティス
12位 12 ー 6 13 愛媛FC
13位 12 ー11 16 ロアッソ熊本
14位 12 ー13 15 アビスパ福岡
15位 10 ー13 15 水戸ホーリーホック
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第13節/J2第14節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 26 +13 24 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 26 + 8 20 名古屋グランパス
 3位 23 + 4 20 FC東京
 4位 20 + 4 17 柏レイソル
 5位 20 + 2 22 川崎フロンターレ
 6位 19 + 8 20 鹿島アントラーズ(1試合未消化)
 7位 19 + 2 19 大宮アルディージャ
 8位 19 + 1 18 ガンバ大阪(1試合未消化)
 9位 18 + 4 18 横浜F・マリノス
10位 17 + 2 13 大分トリニータ(1試合未消化)
11位 17 ー 2 18 東京ヴェルディ
12位 17 ー 4 11 京都サンガF.C.(1試合未消化)
13位 16   0 17 ヴィッセル神戸
14位 16 ー 4 12 アルビレックス新潟
15位 15 ー 7 11 清水エスパルス
16位 14 ー 3 17 ジュビロ磐田
17位 10 ー13 12 コンサドーレ札幌
18位  8 ー15 10 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 29 +17 26 サンフレッチェ広島
 2位 25 + 8 19 ベガルタ仙台
 3位 25 + 6 21 セレッソ大阪
 4位 24 + 7 22 湘南ベルマーレ
 5位 23 + 9 21 横浜FC
 6位 21 + 1 13 サガン鳥栖
 7位 19 + 2 16 モンテディオ山形
 8位 17 + 1 23 FC岐阜
 9位 17 ー 1 12 ヴァンフォーレ甲府
10位 14 ー 4 12 ザスパ草津
11位 14 ー 5 16 徳島ヴォルティス
12位 12 ー12 14 アビスパ福岡
13位 11 ー 6 12 愛媛FC
14位 11 ー11 14 ロアッソ熊本
15位 10 ー12 14 水戸ホーリーホック

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−16)J1第13節
2008年5月17日14時040分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客57,050人)
浦和レッズ2−3ガンバ大阪
浦和:梅崎(53分)、エジミウソン(79分)
大阪:中澤(17分)、山崎(44分)、遠藤(68分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
2008年 J1第12節/J2第13節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 26 +14 22 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 23 + 6 17 名古屋グランパス
 3位 20 + 3 20 川崎フロンターレ
 4位 20 + 3 18 FC東京
 5位 19 + 4 16 柏レイソル
 6位 18 + 8 19 鹿島アントラーズ(1試合未消化)
 7位 18 + 5 18 横浜F・マリノス
 8位 17 + 3 13 大分トリニータ(1試合未消化)
 9位 16 + 1 16 大宮アルディージャ
10位 16   0 15 ガンバ大阪(1試合未消化)
11位 15   0 16 ヴィッセル神戸
12位 15 ー 4 11 アルビレックス新潟
13位 15 ー 4 10 清水エスパルス
14位 14 ー 2 16 ジュビロ磐田
15位 14 ー 5 14 東京ヴェルディ
16位 14 ー 5 10 京都サンガF.C.(1試合未消化)
17位 10 ー11 11 コンサドーレ札幌
18位  5 ー16  9 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 26 +16 25 サンフレッチェ広島
 2位 24 + 9 22 湘南ベルマーレ
 3位 22 + 7 16 ベガルタ仙台
 4位 22 + 4 19 セレッソ大阪
 5位 21 + 2 13 サガン鳥栖
 6位 20 + 8 19 横浜FC
 7位 19 + 3 14 モンテディオ山形
 8位 17 + 2 23 FC岐阜
 9位 17 ー 1 12 ヴァンフォーレ甲府
10位 12 ー11 13 アビスパ福岡
11位 11 ー 5 12 愛媛FC
12位 11 ー 5 11 ザスパ草津
13位 11 ー 7 14 徳島ヴォルティス
14位 11 ー 9 14 ロアッソ熊本
15位  7 ー13 13 水戸ホーリーホック

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−15)J1第12節
2008年5月10日14時05分キックオフ@等々力陸上競技場(観客20,335人)
川崎フロンターレ0−1浦和レッズ
浦和:エジミウソン(62分)

得点は、高原が得たPKをエジミウソンが決めただけでしたが、
高い攻撃力を誇る川崎相手に無失点に抑えた守備は文句なしですし、
お互いに相手の隙を付き合う好ゲームでした。
その試合をしっかりとものに出来たのは大きいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:55 | comments(0) | trackbacks(6) |
AFCチャンピオンズリーグ 第5戦
A組 勝点 得失点 得点
1位 12 + 6  7 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
2位  6 ー 1  4 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad
3位  6 ー 2  4 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
4位  6 ー 3  3 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan

B組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 4  6 サイパ(イラン)Saipa
2位  6 ー 2  4 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club
3位  5 ー 1  3 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
4位  5 ー 1  3 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC

C組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 6  8 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  8 ー 2  6 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda
3位  5 ー 2  6 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
4位  3 ー 2  6 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli

D組 勝点 得失点 得点
1位 11 + 3  6 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位  8 + 5 11 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor
3位  5 ー 5  4 アルビール(イラク)Arbil
4位  2 ー 3  3 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa

E組 勝点 得失点 得点
1位 13 + 7  9 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位 11 + 7 10 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  4 ー 1  6 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
4位  0 ー13  4 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC

F組 勝点 得失点 得点
1位 12 +21 24 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位 12 + 7 11 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  4 ー 9 15 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC
4位  1 ー19  4 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh<

G組 勝点 得失点 得点
1位 13 + 6 13 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
2位  5 ー 2  7 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
3位  5 ー 1  6 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
4位  4 ー 3  7 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:04 | comments(0) | trackbacks(2) |
2008年 J1第11節/J2第12節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 23 +13 21 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 22 + 6 17 名古屋グランパス
 3位 20 + 4 20 川崎フロンターレ
 4位 20 + 4 18 FC東京
 5位 18 + 9 19 鹿島アントラーズ(1試合未消化)
 6位 17 + 5 16 横浜F・マリノス
 7位 16 + 2 15 柏レイソル
 8位 16 + 2 15 大宮アルディージャ
 9位 15   0 13 ガンバ大阪(1試合未消化)
10位 14 + 1 11 大分トリニータ(1試合未消化)
11位 14   0 16 ヴィッセル神戸
12位 14 ー 1 16 ジュビロ磐田
13位 14 ー 3 14 東京ヴェルディ
14位 14 ー 4 10 京都サンガF.C.(1試合未消化)
15位 12 ー 5 10 アルビレックス新潟
16位 12 ー 5  9 清水エスパルス
17位  7 ー12  9 コンサドーレ札幌
18位  2 ー17  8 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 23 +13 22 サンフレッチェ広島
 2位 21 + 8 20 湘南ベルマーレ
 3位 21 + 3 12 サガン鳥栖
 4位 19 + 5 14 ベガルタ仙台
 5位 19 + 2 16 セレッソ大阪
 6位 17 + 7 18 横浜FC
 7位 17 + 1 12 ヴァンフォーレ甲府
 8位 16 + 1 11 モンテディオ山形
 9位 14   0 21 FC岐阜
10位 12 ー 8 13 アビスパ福岡
11位 11 ー 3 10 ザスパ草津
12位 11 ー 4 12 愛媛FC
13位 11 ー 7 14 徳島ヴォルティス
14位 11 ー 7 14 ロアッソ熊本
15位  7 ー11 12 水戸ホーリーホック

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−14)J1第11節
2008年5月6日16時00分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客52,008人)
浦和レッズ3−0ジェフユナイテッド千葉
浦和:闘莉王(59分)、相馬(76分)、エジミウソン(85分)

ここまで勝ち星のない千葉を相手に、前半はグダグタの展開。
後半の闘莉王の先制点で落ち着きを取り戻し、
終盤は力の差を見せつける形になりました。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
2008年 J1第10節/J2第11節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 20 +10 18 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 20 + 5 18 FC東京
 3位 19 + 5 16 名古屋グランパス
 4位 18 + 9 19 鹿島アントラーズ
 5位 17 + 1 16 川崎フロンターレ
 6位 16 + 5 15 横浜F・マリノス
 7位 15 + 2 14 大宮アルディージャ
 8位 15   0 13 ガンバ大阪
 9位 14 + 3 16 ヴィッセル神戸
10位 14 + 2 15 ジュビロ磐田
11位 14 + 1 11 大分トリニータ
12位 14 ー 4 10 京都サンガF.C.
13位 13   0 12 柏レイソル
14位 12 ー 2  9 清水エスパルス
15位 11 ー 5 11 東京ヴェルディ
16位  9 ー 8  7 アルビレックス新潟
17位  7 ー10  8 コンサドーレ札幌
18位  2 ー14  8 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 23 +14 22 サンフレッチェ広島
 2位 19 + 2 16 セレッソ大阪
 3位 18 + 6 18 湘南ベルマーレ
 4位 18 + 2 11 サガン鳥栖
 5位 17 + 8 17 横浜FC
 6位 16 + 4 13 ベガルタ仙台
 7位 15 + 1 11 モンテディオ山形
 8位 14 + 1 21 FC岐阜
 9位 14   0 10 ヴァンフォーレ甲府
10位 12 ー 6 11 アビスパ福岡
11位 11 ー 6 12 徳島ヴォルティス
12位 10 ー 4 12 愛媛FC
13位  8 ー 4  7 ザスパ草津
14位  8 ー 9 10 ロアッソ熊本
15位  7 ー 9 12 水戸ホーリーホック

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−13)J1第10節
2008年5月3日19時04分キックオフ@ホームズスタジアム神戸(観客23,088人)
ヴィッセル神戸1−1浦和レッズ
神戸:吉田(79分)
浦和:阿部(70分)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第9節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 19 +10 17 浦和レッドダイヤモンズ
 2位 19 + 6 15 名古屋グランパス
 3位 18 +10 17 鹿島アントラーズ
 4位 17 + 2 15 FC東京
 5位 16 + 6 13 横浜F・マリノス
 6位 15 + 5 14 大宮アルディージャ
 7位 14   0 13 川崎フロンターレ
 8位 13 + 3 15 ヴィッセル神戸
 9位 13 + 2 14 ジュビロ磐田
10位 12 ー 1 11 ガンバ大阪
11位 11 ー 1  8 大分トリニータ
12位 11 ー 2  8 清水エスパルス
13位 11 ー 5  9 京都サンガF.C.
14位 10 ー 1 11 柏レイソル
15位  9 ー 6  6 アルビレックス新潟
16位  8 ー 6  8 東京ヴェルディ
17位  7 ー 9  8 コンサドーレ札幌
18位  2 ー13  8 ジェフユナイテッド千葉
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J2第10節 順位
J2  勝点 得失差 得点
 1位 20 +13 21 サンフレッチェ広島
 2位 16 + 4 13 ベガルタ仙台
 3位 16 + 1 15 セレッソ大阪
 4位 15 + 2 14 湘南ベルマーレ
 5位 15 + 2 11 モンテディオ山形
 6位 15 ー 1  8 サガン鳥栖
 7位 14 + 4 21 FC岐阜
 8位 14 + 3 12 横浜FC
 9位 13   0 10 ヴァンフォーレ甲府
10位 12 ー 2 11 アビスパ福岡
11位 11 ー 5 12 徳島ヴォルティス
12位  8 ー 4 10 ロアッソ熊本
13位  7 ー 4  7 ザスパ草津
14位  7 ー 6 12 水戸ホーリーホック
15位  7 ー 7  9 愛媛FC
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−12)J1第9節
2008年4月29日16時00分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客48,031人)
浦和レッズ4−2コンサドーレ札幌
浦和:阿部(24分)、闘莉王(28分)、エジミウソン(50分、86分)
札幌:砂川(6分)、柴田(25分)

永井が今季初めてベンチにも入れない状態でキックオフ。
前半は相手に先制され、それを追いかけるという展開で、2−2で終了。
札幌はスタジアムの雰囲気に飲まれていたのか、
GKをはじめミスが目立ちました。

後半はエジミウソンの2ゴールで突き放しましたが、
3点目から4点目の間は攻めながら点が取れない嫌な雰囲気でしたが、
高原の頑張りからの4点目でジ・エンド。

しかし課題はエンゲルス体制ではリーグ戦で初の2失点でしょうか。

※僅かな時間でしたが高崎がリーグ戦デビューしました。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:51 | comments(0) | trackbacks(3) |
2008年 J1第8節/J2第9節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 19 + 7 14 名古屋グランパス
 2位 17 +10 15 鹿島アントラーズ
 3位 16 + 8 13 浦和レッドダイヤモンズ
 4位 14 + 1 14 FC東京
 5位 13 + 3 10 横浜F・マリノス
 6位 12 + 4 11 大宮アルディージャ
 7位 12 + 3 13 ヴィッセル神戸
 8位 12   0  9 ガンバ大阪
 9位 11   0  8 大分トリニータ
10位 11 ー 1 11 川崎フロンターレ
11位 11 ー 3  9 京都サンガF.C.
12位 10 + 1 11 柏レイソル
13位 10   0 12 ジュビロ磐田
14位  8 ー 4  6 清水エスパルス
15位  8 ー 6  6 アルビレックス新潟
16位  7 ー 6  8 東京ヴェルディ
17位  7 ー 7  6 コンサドーレ札幌
18位  2 ー10  8 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 17 +10 17 サンフレッチェ広島
 2位 15 + 3 14 湘南ベルマーレ
 3位 15 + 2  8 サガン鳥栖
 4位 14 + 3 12 横浜FC
 5位 13 + 1 10 ベガルタ仙台
 6位 13 + 1  9 ヴァンフォーレ甲府
 7位 13 ー 2 11 セレッソ大阪
 8位 12 + 1 10 モンテディオ山形
 9位 11 + 2 18 FC岐阜
10位 11 ー 2 11 徳島ヴォルティス
11位 11 ー 2 10 アビスパ福岡
12位  7 ー 4  8 水戸ホーリーホック
13位  7 ー 4  8 愛媛FC
14位  6 ー 4  6 ザスパ草津
15位  5 ー 5  8 ロアッソ熊本
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−11)J1第8節
2008年4月26日16時04分キックオフ@西京極総合運動公園陸上競技場(観客19,680人)
京都サンガ0−4浦和レッズ
浦和:高原2(57分、75分)、闘莉王2(60分、65分)

エンゲルス監督51歳の誕生日を大勝で飾りましたが、
相手に退場者が出てからでしたから、まだまだ課題は多いですね。

また、2種登録されたばかりのユース出身17歳山田直輝がJデビュー。
ようやく生え抜きの選手が出て来てくれました。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:08 | comments(0) | trackbacks(40) |
AFCチャンピオンズリーグ 第4戦
A組 勝点 得失点 得点
1位  9 + 4  5 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
2位  6   0  3 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
3位  6 ー 2  3 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan
4位  3 ー 2  2 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad

B組 勝点 得失点 得点
1位  8 + 3  5 サイパ(イラン)Saipa
2位  5   0  3 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC
3位  5   0  2 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
4位  3 ー 3  2 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club

C組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 6  8 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  5 ー 2  5 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda
3位  4 ー 2  4 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
4位  2 ー 2  3 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli

D組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 3  4 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位  7 + 5  9 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor
3位  2 ー 2  3 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
4位  2 ー 6  3 アルビール(イラク)Arbil

E組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 6  8 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位  8 + 2  5 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  4   0  6 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
4位  0 ー 8  4 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC

F組 勝点 得失点 得点
1位  9 +14 16 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位  9 + 4  8 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  4 ー 2 14 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC
4位  1 ー16  4 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh

G組 勝点 得失点 得点
1位 10 + 4 11 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
2位  5 + 1  6 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
3位  4 ー 2  6 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
4位  3 ー 3  6 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:56 | comments(1) | trackbacks(11) |
2008年 J1第7節/J2第8節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 19 + 9 14 名古屋グランパス
 2位 16 +10 14 鹿島アントラーズ
 3位 14 + 2 14 FC東京
 4位 13 + 4 10 横浜F・マリノス
 5位 13 + 4  9 浦和レッドダイヤモンズ
 6位 12 + 1  8 ガンバ大阪
 7位 11 + 4 10 大宮アルディージャ
 8位 11 + 1  9 京都サンガF.C.
 9位 10 + 2  9 柏レイソル
10位  9 + 2 11 ヴィッセル神戸
11位  8 ー 1  7 大分トリニータ
12位  8 ー 2  8 川崎フロンターレ
13位  7 ー 1 10 ジュビロ磐田
14位  7 ー 6  6 コンサドーレ札幌
15位  5 ー 5  5 清水エスパルス
16位  5 ー 7  5 アルビレックス新潟
17位  4 ー 8  6 東京ヴェルディ
18位  2 ー 9  7 ジェフユナイテッド千葉


J2  勝点 得失差 得点
 1位 14 + 9 15 サンフレッチェ広島
 2位 13 + 3 11 横浜FC
 3位 12 + 1 10 湘南ベルマーレ
 4位 12 + 1  7 ベガルタ仙台
 5位 12 + 1  6 サガン鳥栖
 6位 12 ー 2 10 セレッソ大阪
 7位 11 + 4 16 FC岐阜
 8位 11 + 1 10 モンテディオ山形
 9位 11 ー 1 10 徳島ヴォルティス
10位 10   0  8 ヴァンフォーレ甲府
11位 10 ー 2 10 アビスパ福岡
12位  7 ー 3  8 愛媛FC
13位  6 ー 4  8 水戸ホーリーホック
14位  6 ー 4  6 ザスパ草津
15位  5 ー 4  7 ロアッソ熊本
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−10)J1第7節
2008年4月20日14時01分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客50,997人)
浦和レッズ0−0大宮アルディージャ

ナビスコカップで狂った歯車が戻らなかった印象ですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
ナビスコ杯第3節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位  6 + 2  3 名古屋グランパス
 2位  5 + 1  5 京都サンガ
 3位  3 ー 2  1 ヴィッセル神戸
 4位  2 ー 1  4 浦和レッドダイヤモンズ

ナ杯B
 1位  7 + 7  8 清水エスパルス
 2位  4   0  4 FC東京
 3位  4   0  3 ジュビロ磐田
 4位  1 ー 7  0 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位  5 + 2  3 ジェフユナイテッド千葉
 2位  5 + 1  3 コンサドーレ札幌
 3位  3   0  4 川崎フロンターレ
 4位  2 ー 3  2 柏レイソル

ナ杯D
 1位  7 + 5  5 横浜F・マリノス
 2位  4 + 2  4 大分トリニータ
 3位  2 ー 3  3 アルビレックス新潟
 4位  2 ー 4  2 大宮アルディージャ
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−09)ナビスコ杯予選第3節
2008年4月16日19時00分キックオフ@埼玉市浦和駒場スタジアム(観客15,973人)
浦和レッズ1−1京都サンガF.C.
浦和:梅崎(39分)
京都:林(15分)

ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位  6 + 2  3 名古屋グランパス
 2位  5 + 1  5 京都サンガ
 3位  3 ー 2  1 ヴィッセル神戸
 4位  2 ー 1  4 浦和レッドダイヤモンズ

これで、自力の1位抜けは無くなってしまいました。
浦和3連勝しても勝ち点11まで、
京都は浦和戦が残っていないので3連勝すると勝ち点14
名古屋と神戸は浦和が勝てば勝ち点9止まりですから、
自力2位は残されていますが、2位は4チーム中2つまでですから、
他のグループ次第ということになりますが、
過去の大会を見る限りボーダーラインは勝ち点10のようなので、
残り3連勝しか生き残る道はなくなったようですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:08 | comments(0) | trackbacks(3) |
浦和レッズマガジン2008年5月号(通算28号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 05月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 05月号 [雑誌]
アスペクト

最近は、記事の更新が早くなり、12日発売にも関わらず、
1週前の試合の結果まで詳細に掲載されていました。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年 J1第6節/J2第7節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 16 + 8 11 名古屋グランパス
 2位 15 +10 14 鹿島アントラーズ
 3位 12 + 4  9 浦和レッドダイヤモンズ
 3位 12 + 4  9 横浜F・マリノス
 5位 11 + 2  9 京都サンガF.C.
 6位 11 + 1  8 ガンバ大阪
 7位 11   0 10 FC東京
 8位 10 + 4 10 大宮アルディージャ
 9位  8 + 2 10 ヴィッセル神戸
10位  8   0  6 川崎フロンターレ
11位  7 ー 1  6 大分トリニータ
12位  7 ー 2  4 柏レイソル
13位  6 ー 1  9 ジュビロ磐田
14位  6 ー 6  5 コンサドーレ札幌
15位  4 ー 4  5 東京ヴェルディ
16位  4 ー 5  4 清水エスパルス
17位  2 ー 8  5 ジェフユナイテッド千葉
18位  2 ー 8  4 アルビレックス新潟


J2  勝点 得失差 得点
 1位 14 +10 14 サンフレッチェ広島
 2位 12 + 3  6 サガン鳥栖
 3位 12 + 1 10 湘南ベルマーレ
 4位 11 + 5 14 FC岐阜
 5位 11 + 1  6 ベガルタ仙台
 6位 10 + 2  8 横浜FC
 7位 10 + 1  9 モンテディオ山形
 8位  9 ー 3  9 セレッソ大阪
 9位  8 ー 3  8 徳島ヴォルティス
10位  7 ー 1  6 ヴァンフォーレ甲府
11位  7 ー 4  8 アビスパ福岡
12位  6 ー 2  8 水戸ホーリーホック
13位  6 ー 3  7 愛媛FC
14位  5 ー 3  7 ロアッソ熊本
15位  5 ー 4  5 ザスパ草津
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−08)J1第6節
2008年4月13日16時03分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客54,450人)
浦和レッズ2−0鹿島アントラーズ
浦和:永井2(49分、89分)

鹿狩完了

とはいえ、昨年の借りはまだまだ返し切っていません。まだまだ叩くぞ!
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
AFCチャンピオンズリーグ 第3戦
A組 勝点 得失点 得点
1位  6 + 3  4 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
2位  6 + 1  3 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
3位  3 ー 1  2 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad
4位  3 ー 3  2 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan

B組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 2  4 サイパ(イラン)Saipa
2位  4 + 1  1 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
3位  3 ー 2  1 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club
4位  2 ー 1  1 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC

C組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 5  7 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  4 ー 1  4 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
3位  2 ー 1  2 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli
4位  2 ー 3  3 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda

D組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 2  3 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位  4 + 1  4 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor
3位  2 ー 1  3 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
4位  2 ー 2  2 アルビール(イラク)Arbil

E組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 3  4 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位  7 + 2  3 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  3   0  4 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
4位  0 ー 5  3 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC

F組 勝点 得失点 得点
1位  9 +15 16 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位  6 + 3  7 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  3 ー 2 12 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC
4位  0 ー16  2 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh

G組 勝点 得失点 得点
1位  7 + 2  9 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
2位  4 + 1  4 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
3位  3 ー 1  6 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
4位  3 ー 2  4 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 07:44 | comments(0) | trackbacks(6) |
2008年 J1第5節/J2第6節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 15 +12 14 鹿島アントラーズ
 2位 13 + 6  9 名古屋グランパス
 3位 10 + 1  6 ガンバ大阪
 4位  9 + 2  7 浦和レッドダイヤモンズ
 4位  9 + 2  7 横浜F・マリノス
 6位  8 + 3  9 ヴィッセル神戸
 7位  8 + 1  7 京都サンガF.C.
 8位  8 ー 1  8 FC東京
 9位  7 + 2  6 大宮アルディージャ
10位  7   0  6 川崎フロンターレ
11位  7   0  4 柏レイソル
12位  6   0  8 ジュビロ磐田
13位  6 ー 1  6 大分トリニータ
14位  4 ー 3  4 東京ヴェルディ
14位  4 ー 3  4 清水エスパルス
16位  3 ー 7  3 コンサドーレ札幌
17位  2 ー 6  3 ジェフユナイテッド千葉
18位  1 ー 8  2 アルビレックス新潟


J2  勝点 得失差 得点
 1位 11 + 7 10 サンフレッチェ広島
 2位 11 + 3  5 サガン鳥栖
 3位 10 + 3  8 横浜FC
 4位 10 + 1  5 ベガルタ仙台
 5位  9   0  9 湘南ベルマーレ
 6位  9   0  8 セレッソ大阪
 7位  8 + 1  9 FC岐阜
 8位  7   0  8 モンテディオ山形
 9位  7   0  7 アビスパ福岡
10位  7   0  6 ヴァンフォーレ甲府
11位  7 ー 3  7 徳島ヴォルティス
12位  6 ー 3  7 愛媛FC
13位  5 ー 2  6 水戸ホーリーホック
14位  4 ー 3  5 ロアッソ熊本
15位  4 ー 4  4 ザスパ草津
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−07)J1第5節
2008年4月5日13時04分キックオフ@日本平スタジアム(観客27,866人)
ジュビロ磐田1−2浦和レッズ
磐田:ジウシーニョ(2分)
浦和:阿部(71分)、闘莉王(79分)

鬼門の東海アウェイ第2戦も逆転勝利。
開始早々の失点はいただけませんが、後半粘り強く逆転したのは評価できますね。
次節はいよいよ鹿島戦です。昨年の借りをまず1つ返しましょう。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:10 | comments(0) | trackbacks(1) |
2008年 J1第4節
J1  勝点 得失差 得点
 1位 12 + 9 10 鹿島アントラーズ
 2位 10 + 4  7 名古屋グランパス
 3位  9 + 4  7 横浜F・マリノス
 4位  8 + 4  9 ヴィッセル神戸
 5位  7 + 1  6 川崎フロンターレ
 6位  7 ー 1  4 ガンバ大阪
 7位  6 + 1  7 ジュビロ磐田
 8位  6 + 1  6 大分トリニータ
 9位  6 + 1  5 浦和レッドダイヤモンズ
10位  6   0  4 柏レイソル
11位  5   0  6 京都サンガF.C.
12位  5 ー 2  7 FC東京
13位  4   0  4 大宮アルディージャ
14位  4 ー 1  4 清水エスパルス
15位  3 ー 6  3 コンサドーレ札幌
16位  2 ー 3  2 ジェフユナイテッド千葉
17位  1 ー 4  3 東京ヴェルディ
18位  0 ー 8  2 アルビレックス新潟
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−06)J1第4節
2008年4月2日19時03分キックオフ@日本平スタジアム(観客15,223人)
清水エスパルス1−2浦和レッズ
清水:藤本(10分)
浦和:OWN GOAL(58分)、エジミウソン(70分)

鬼門の東海アウェイを逆転勝利。
エジミウソンもリーグ戦初ゴールでチームにフィットしてきた感じですから、
これからが楽しみです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
2008年 J1第3節/J2第5節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位  9 + 7  8 鹿島アントラーズ
 2位  7 + 4  8 ヴィッセル神戸
 3位  7 + 3  5 名古屋グランパス
 4位  6 + 2  5 大分トリニータ
 5位  6 + 1  4 横浜F・マリノス
 6位  5 + 1  7 FC東京
 7位  5 + 1  6 京都サンガF.C.
 8位  4 + 1  3 大宮アルディージャ
 9位  4   0  3 清水エスパルス
10位  4 ー 1  4 川崎フロンターレ
11位  4 ー 2  2 ガンバ大阪
12位  3   0  5 ジュビロ磐田
13位  3   0  3 浦和レッドダイヤモンズ
14位  3 ー 1  3 柏レイソル
15位  3 ー 4  3 コンサドーレ札幌
16位  1 ー 3  2 東京ヴェルディ
17位  1 ー 3  1 ジェフユナイテッド千葉
18位  0 ー 6  2 アルビレックス新潟


J2  勝点 得失差 得点
 1位 10 + 7  9 サンフレッチェ広島
 2位  9 + 3  7 横浜FC
 3位  9 + 1  6 セレッソ大阪
 4位  9 + 1  4 ベガルタ仙台
 5位  8 + 2  3 サガン鳥栖
 6位  7 + 2  6 アビスパ福岡
 7位  7 + 1  8 FC岐阜
 8位  6 ー 1  7 湘南ベルマーレ
 9位  6 ー 2  6 愛媛FC
10位  5 ー 2  6 水戸ホーリーホック
11位  4 ー 1  6 モンテディオ山形
12位  4 ー 1  3 ヴァンフォーレ甲府
13位  4 ー 2  4 ロアッソ熊本
14位  4 ー 3  3 ザスパ草津
15位  4 ー 5  4 徳島ヴォルティス
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−05)J1第3節
2008年3月30日16時03分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客46,962人)
浦和レッズ3−0アルビレックス新潟
浦和:相馬(42分)、闘莉王(45分)、永井(67分)

今季初勝利。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(2) |
ナビスコ杯第2節/J2第4節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位  4 + 1  4 京都サンガ
 2位  3   0  1 ヴィッセル神戸
 2位  3   0  1 名古屋グランパス
 4位  1 ー 1  3 浦和レッドダイヤモンズ

ナ杯B
 1位  4 + 2  3 清水エスパルス
 2位  3   0  3 FC東京
 3位  3   0  2 ジュビロ磐田
 4位  1 ー 2  0 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位  4 + 2  3 ジェフユナイテッド千葉
 2位  4 + 1  3 コンサドーレ札幌
 2位  2   0  2 柏レイソル
 4位  0 ー 3  1 川崎フロンターレ

ナ杯D
 1位  4 + 1  1 横浜F・マリノス
 2位  3 + 2  3 大分トリニータ
 3位  2   0  2 大宮アルディージャ
 4位  1 ー 3  2 アルビレックス新潟


J2  勝点 得失差 得点
 1位 10 + 7  9 サンフレッチェ広島
 2位  8 + 3  5 横浜FC
 3位  7 + 2  8 FC岐阜
 4位  7 + 2  2 サガン鳥栖
 5位  6   0  6 愛媛FC
 6位  6   0  5 湘南ベルマーレ
 6位  6   0  5 セレッソ大阪
 8位  6   0  3 ベガルタ仙台
 9位  4   0  4 アビスパ福岡
10位  4 ー 2  4 水戸ホーリーホック
11位  4 ー 2  3 ザスパ草津
12位  3 ー 1  6 モンテディオ山形
13位  3 ー 1  3 ヴァンフォーレ甲府
14位  3 ー 2  3 ロアッソ熊本
15位  1 ー 6  1 徳島ヴォルティス
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(5) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−04)ナビスコ杯予選第2節
2008年3月23日17時00分キックオフ@西京極総合運動公園陸上競技場(観客13,332人)
京都サンガ3−3浦和レッズ
京都:徳重(36分)、柳沢(46分)、渡邉(54分)
浦和:エジミウソン3(19、35、39分)

今季初ゴールと初勝ち点はあげました、勝利は遠かったですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナビスコ杯第1節/J2第3節 順位
ナ杯A 勝点 得失差 得点
 1位  3 + 1  1 京都サンガ
 1位  3 + 1  1 ヴィッセル神戸
 3位  0 ー 1  0 浦和レッドダイヤモンズ
 3位  0 ー 1  0 名古屋グランパス

ナ杯B
 1位  3 + 2  3 清水エスパルス
 2位  3 + 2  2 ジュビロ磐田
 3位  0 ー 2  1 FC東京
 4位  0 ー 2  0 東京ヴェルディ

ナ杯C
 1位  3 + 2  2 ジェフユナイテッド千葉
 2位  1   0  1 コンサドーレ札幌
 2位  1   0  1 柏レイソル
 4位  0 ー 2  0 川崎フロンターレ

ナ杯D
 1位  3 + 1  1 横浜F・マリノス
 2位  1   0  2 大宮アルディージャ
 3位  1   0  2 アルビレックス新潟
 4位  0 ー 1  0 大分トリニータ

J2  勝点 得失差 得点
 1位  9 + 7  7 サンフレッチェ広島
 2位  7 + 3  5 横浜FC
 3位  6 + 2  2 サガン鳥栖
 4位  6 + 1  5 愛媛FC
 5位  6 + 1  2 ベガルタ仙台
 6位  4 + 1  6 FC岐阜
 7位  3   0  3 ロアッソ熊本
 8位  3   0  2 アビスパ福岡
 9位  3 ー 1  6 モンテディオ山形
10位  3 ー 1  3 セレッソ大阪
11位  3 ー 2  3 湘南ベルマーレ
12位  3 ー 2  2 水戸ホーリーホック
13位  2 ー 1  1 ヴァンフォーレ甲府
14位  1 ー 3  1 ザスパ草津
15位  1 ー 5  0 徳島ヴォルティス
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:06 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−03)ナビスコ杯予選第1節
2008年3月20日16時00分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客33,392人)
浦和レッズ0−1ヴィッセル神戸
神戸:レアンドロ(3分)

いつになったら、ゴールを揺らすことが出来るのでしょうか?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:09 | comments(0) | trackbacks(4) |
AFCチャンピオンズリーグ 第2戦
A組 勝点 得失点 得点
1位  6 + 2  2 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
2位  3 + 1  2 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad
2位  3 + 1  2 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
4位  0 ー 4  0 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan

B組 勝点 得失点 得点
1位  4 + 2  3 サイパ(イラン)Saipa
2位  4 + 1  1 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
3位  2   0  1 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC
4位  0 ー 3  0 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club

C組 勝点 得失点 得点
1位  4 + 3  5 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  4 + 1  4 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
3位  1 ー 1  2 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli
4位  1 ー 3  3 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda

D組 勝点 得失点 得点
1位  4 + 1  2 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位  2   0  3 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
2位  2   0  2 アルビール(イラク)Arbil
4位  1 ー 1  2 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor

E組 勝点 得失点 得点
1位  4 + 2  2 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位  4 + 1  2 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  3 + 1  4 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
4位  0 ー 4  2 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC

F組 勝点 得失点 得点
1位  6 +14 15 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位  6 + 4  7 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  0 ー 8  1 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh
4位  0 ー10  3 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC

G組 勝点 得失点 得点
1位  4 + 2  4 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
2位  4 + 1  5 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
3位  3   0  3 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
4位  0 ー 3  3 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホルガー・オジェック監督 契約解除
ACLのタイトルを獲得したとはいえ、実は10月からチーム状態は最悪でした。

国内チーム相手の公式戦に限定すると
33節(11月24日)鹿島戦以降5連敗中
31節(11月11日)川崎戦以降得点なし
29節(10月20日)千葉戦以降勝利なし
28節(10月 7日)大分戦以降ホームで勝利なし
27節( 9月30日)新潟戦以降埼スタで勝利なし

10月20日以降の勝利というと、セパハンに2回だけですからねぇ。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
2008年 J1第2節/J2第2節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位  6 + 6  6 鹿島アントラーズ
 2位  6 + 3  4 大分トリニータ
 3位  6 + 2  3 横浜F・マリノス
 4位  4 + 3  5 ヴィッセル神戸
 5位  4 + 2  3 名古屋グランパス
 6位  4 + 1  3 FC東京
 6位  4 + 1  3 京都サンガF.C.
 8位  3 + 1  3 大宮アルディージャ
 8位  3 + 1  3 ジュビロ磐田
10位  3   0  3 清水エスパルス
11位  3   0  2 柏レイソル
12位  1 ー 1  1 ジェフユナイテッド千葉
13位  1 ー 2  1 東京ヴェルディ
14位  1 ー 3  2 川崎フロンターレ
15位  1 ー 3  0 セパハン大阪(注)
16位  0 ー 3  2 アルビレックス新潟
17位  0 ー 3  0 浦和レッドダイヤモンズ
18位  0 ー 5  1 コンサドーレ札幌

J2  勝点 得失差 得点
 1位  6 + 5  5 サンフレッチェ広島
 2位  6 + 3  5 横浜FC
 3位  3 + 1  3 モンテディオ山形
 4位  3 + 1  2 アビスパ福岡
 5位  3 + 1  1 サガン鳥栖
 6位  3   0  3 湘南ベルマーレ
 6位  3   0  3 セレッソ大阪
 6位  3   0  3 ロアッソ熊本
 9位  3   0  1 ベガルタ仙台
10位  3 ー 2  2 愛媛FC
11位  2   0  1 ヴァンフォーレ甲府
12位  1 ー 1  1 FC岐阜
13位  1 ー 2  0 徳島ヴォルティス
14位  0 ー 3  1 水戸ホーリーホック
14位  0 ー 3  1 ザスパ草津

(注)
当サイトでは2007年11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:56 | comments(0) | trackbacks(5) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−02)J1第2節
2008年3月15日14時04分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客54,482人)
浦和レッズ0−2名古屋グランパス
名古屋:ヨンセン(14分)、小川(69分)

リーグ戦での得点が通算508分間無得点という重症です。
FWは動きが少ない、セカンドボールは拾えない、集中力が欠如…

失点も、攻撃ミスからのカウンターとGKが判断ミスで相手にパス…

トンネルの出口は本当に6週間後なのでしょうか?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:38 | comments(0) | trackbacks(3) |
AFCチャンピオンズリーグ 第1戦
A組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 2  2 アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad
2位  3 + 1  1 アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
3位  0 ー 1  0 クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
4位  0 ー 2  0 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan

B組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 1  1 アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
2位  1   0  1 サイパ(イラン)Saipa
2位  1   0  1 アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC
4位  0 ー 1  0 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club

C組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 3  4 アル・カラマー(シリア)Al Karamah
2位  3 + 1  2 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
3位  0 ー 1  1 アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli
4位  0 ー 3  1 アル・ワーダ(UAE)Al Wahda

D組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 1  1 アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
2位  1   0  1 アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
2位  1   0  1 アルビール(イラク)Arbil
4位  0 ー 1  0 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor

E組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 2  2 アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
2位  3 + 1  2 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
3位  0 ー 1  1 ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC
4位  0 ー 2  0 浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers

F組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 8  9 鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
2位  3 + 2  3 北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
3位  0 ー 2  1 ナムディン(ベトナム)Nam Dinh
4位  0 ー 8  1 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC

G組 勝点 得失点 得点
1位  3 + 2  2 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
2位  1   0  1 チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
2位  1   0  1 ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
4位  0 ー 2  0 全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:13 | comments(0) | trackbacks(7) |
浦和レッズマガジン2008年4月号(通算27号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]

本日(一部の地域では明日)発売のレッズマガジンの最新号です。
まだ、中身を見ていませんが、開幕特集号のようです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:21 | comments(0) | trackbacks(4) |
AFCチャンピオンズリーグ2008
前回優勝 浦和レッドダイヤモンズ(日本)Urawa Red Diamonds
A  組 フォーラド・モバラケ・セパハン(イラン)Foolad Mobarekeh Sepahan
     クルフチFC(ウズベキスタン)Kuruvchi FC
     アル・イッティハドFC(サウジアラビア)Al Ittihad FC
     アル・イッティハド(シリア)Al Ittihad
B  組 アル・ワスルスポーツクラブ(UAE)Al Wasl Sports Club
     サイパ(イラン)Saipa
     アル・クウェートスポーツクラブ(クウェート)Kuwait SC
     アル・クワ・アル・ジャウィヤ(イラク)Al Quwa Al Jawiya
C  組 アル・サッドスポーツクラブ(カタール)Al Sadd Sports Club
     アル・ワーダ(UAE)Al Wahda
     アル・カラマー(シリア)Al Karamah
     アル・アーリ(サウジアラビア)Al Ahli
D  組 パクタコール(カザフスタン)Pakhtakor
     アル・ガラファ(カタール)Al Gharafa
     アルビール(イラク)Arbil
     アル・カドシャ(クウェート)Al Qadsiya
E  組 長春ヤタイ(中国)Changchun Yatai
     アデレードユナイテッド(オーストラリア)Adelade United FC
     浦項スティーラーズ(韓国)Pohang Steelers
     ビン・ドゥオン(ベトナム)Binh Duong FC
F  組 クルンタイバンク(タイ)Krung Thai Bank FC
     北京国安FC(中国)Beijing Guoan FC
     ナムディン(ベトナム)Nam Dinh
     鹿島アントラーズ(日本)Kashima Antlers FC
G  組 メルボルンビクトリーFC(オーストラリア)Melbourne Victory FC
     チョンブリフットボールクラブ(タイ)Chonburi Football Club
     ガンバ大阪(日本)Gamba Osaka
     全南ドラゴンズ(韓国)Chunnam Dragons
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(28) |
2008年 J1第1節/J2第1節 順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位  3 + 4  4 鹿島アントラーズ
 2位  3 + 2  2 大宮アルディージャ
 2位  3 + 2  2 柏レイソル
 4位  3 + 1  2 大分トリニータ
 5位  3 + 1  1 横浜F・マリノス
 6位  1   0  1 FC東京
 6位  1   0  1 東京ヴェルディ
 6位  1   0  1 川崎フロンターレ
 6位  1   0  1 名古屋グランパス
 6位  1   0  1 京都サンガF.C.
 6位  1   0  1 ヴィッセル神戸
12位  1   0  0 ジェフユナイテッド千葉
12位  1   0  0 セパハン大阪(注)
14位  0 ー 1  1 清水エスパルス
15位  0 ー 1  0 浦和レッドダイヤモンズ
16位  0 ー 2  0 アルビレックス新潟
16位  0 ー 2  0 ジュビロ磐田
18位  0 ー 4  0 コンサドーレ札幌

J2  勝点 得失差 得点
 1位  3 + 2  2 横浜FC
 1位  3 + 2  2 セレッソ大阪
 1位  3 + 2  2 サンフレッチェ広島
 4位  3 + 1  2 愛媛FC
 5位  3 + 1  1 湘南ベルマーレ
 5位  3 + 1  1 サガン鳥栖
 7位  1   0  1 ヴァンフォーレ甲府
 7位  1   0  1 FC岐阜
 9位  0 ー 1  1 ロアッソ熊本
10位  0 ー 1  0 ベガルタ仙台
10位  0 ー 1  0 モンテディオ山形
12位  0 ー 2  0 水戸ホーリーホック
12位  0 ー 2  0 ザスパ草津
12位  0 ー 2  0 徳島ヴォルティス
ーー位  ー   ー  ー アビスパ福岡

(注)
当サイトでは2007年11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:25 | comments(0) | trackbacks(26) |
浦和レッズ応援サークル報告書(08−01)J1第1節
2008年3月8日14時05分キックオフ@日産スタジアム(観客61,246人)
横浜F・マリノス1−0浦和レッズ
横浜:小宮山(60分)

リーグ戦での得点が、昨年の第31節32分からありませんので、
通算418分間無得点ということになります。

それから、本日の主審の吉田寿久氏との相性が悪いということ。
2006年9月の大宮戦を最後に、彼が笛を吹くゲームで勝ちがないのでは?
印象深いところでは、昨年のホーム連勝記録が止まったゲーム、
そして、最終節の優勝を逃したゲームと、嫌な予感はしましたが…
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:00 | comments(0) | trackbacks(21) |
火の玉ボーイ/山田暢久
火の玉ボーイ 山田暢久
火の玉ボーイ 山田暢久

浦和レッズのキャプテンヤマの書籍が発売されます。
この本、レッズサポにはなかなかに見どころが多いみたいで、
第4章にある「怠慢プレー? みんな勘違い」にかなり注目です。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:16 | comments(0) | trackbacks(96) |
ゼロックススーパーカップ
今までの観客動員数は次の通りでした。
07年 35307人 浦 和×G大阪
06年 35674人 G大阪×浦 和
05年 21104人 横浜M×東京V(@横浜国際)
04年 30158人 横浜M×磐 田
03年 22904人 磐 田×京 都
02年 34576人 鹿 島×清 水
01年 25095人 鹿 島×清 水
00年 25063人 磐 田×名古屋
99年 28520人 鹿 島×清 水
98年 35208人 磐 田×鹿 島
97年 28920人 鹿 島×V川崎
96年 39570人 横浜M×名古屋
95年 53167人 V川崎×平 塚
94年 51154人 V川崎×横浜F
初めの2年は開幕ブーム時で、5万人以上でしたが、
鹿島が登場したあたりから低迷しているのは気のせい?
ウチはそこそこ貢献しましたが…

さて、今年はどうだったかというと、
08年 27245人 鹿 島×広 島
やはり、鹿島が絡んだからなのか、低調に終わりましたね。

さらに、試合内容も試合後もよろしくなかったですが。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:03 | comments(0) | trackbacks(76) |
トレーニングマッチ VSグアム代表
2008年2月23日16時00分キックオフ@レオパレスリゾート第2グラウンド(グアム、45分×2)
浦和レッズ19−0グアム代表
得点者:内舘(5分)、高原3(7、9、44分)エジミウソン3(15、28、33分)、
アレックス(21分)山田(45分)、達也6(48、68、73、82、83、88分)、
永井2(55、62分)、闘莉王(66分)セルヒオ(67分)

【浦和レッズ】
GK:都築→45分山岸
DF:堀之内
   闘莉王
   坪井
MF:アレックス
   阿部
   内舘
   平川
   山田
FW:高原→45分永井→67分セルヒオ
   エジミウソン→45分達也
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:34 | comments(0) | trackbacks(16) |
トレーニングマッチ VS佐川急便SC
2008年2月19日16時00分キックオフ@レオパレスリゾート第1グラウンド(グアム、40分×3)
浦和レッズ3−1佐川急便SC
得点者:西澤2(20、44分)、高原(52分)

【浦和レッズ】
GK:都築→60分山岸
DF:堀之内→70分橋本
   闘莉王→70分近藤
   坪井→70分坂本
MF:内舘→64分堤
   西澤→66分林
   アレックス→60分小池
   平川→60分岡野
FW:達也→60分エスクデロ
   高原→60分高崎
   エジミウソン→60分永井
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:17 | comments(0) | trackbacks(35) |
Fリーグ終了
全日程終了の順位は以下の通りです。
順位 勝点 得失差 得点 チーム
1位 53 +65 95 名古屋オーシャンズ
2位 47 +40 79 バルドラール浦安
3位 34 + 8 54 デウソン神戸
4位 31 +16 88 ペスカドーラ町田
5位 25 ー10 58 湘南ベルマーレ
6位 20 ー33 50 バサジィ大分
7位 19 ー26 48 シュライカー大阪
8位 11 ー60 36 ステラミーゴいわて花巻

もっと多くの人に見てもらわないと駄目じゃないかな?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
トレーニングマッチ VSアルビレックス新潟
2008年2月15日16時00分キックオフ@レオパレスリゾート第2グラウンド(グアム、35分×2)
浦和レッズ2−0アルビレックス新潟
得点者:平川(40分)、達也(57分)

【浦和レッズ】
GK:都築→35分山岸
DF:坪井
   闘莉王
   堀之内
   堤
MF:山田
   平川→61分岡野
   永井→35分西澤
   アレックス
FW:高原
   エジミウソン→35分達也
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | - | - |
Fリーグ
フットサルリーグ(Fリーグ)の最初のシーズンも、
セントラル開催の1試合を残すだけになり、
(2月16日、17日に国立代々木競技場第一体育館)
唯一のプロチーム名古屋オーシャンズの優勝が確定しました。
最終節は神戸対町田の3位決定対決が見どころでしょう。
大分と大阪はそれぞれの結果次第で順位が決まりますが、
それ以外の4チームは既に順位が確定しました。

第20節終了時点の順位は以下の通りです。
順位 勝点 得失差 得点 チーム
1位 53 +66 94 名古屋オーシャンズ
2位 44 +35 73 バルドラール浦安
3位 33 + 8 51 デウソン神戸
4位 30 +16 85 ペスカドーラ町田
5位 25 ー 9 56 湘南ベルマーレ
6位 17 ー34 47 バサジィ大分
7位 16 ー27 43 シュライカー大阪
8位 11 ー55 35 ステラミーゴいわて花巻
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:04 | comments(0) | trackbacks(114) |
浦和レッズ・オフィシャルイヤーブック2007
浦和レッズ・オフィシャル・イヤーブック 2007 (2007)
浦和レッズ・オフィシャル・イヤーブック 2007

恒例のイヤーブックの2007年版の登場です。
初回版には、ACL優勝記念ステッカーと紙吹雪つきです。
現時点でアマゾンでは表紙が公開されていませんが、
ゴール後にポーズを取って走る永井が表紙です。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 浦和レッズ 世界への挑戦
TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 浦和レッズ 世界への挑戦
TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 浦和レッズ 世界への挑戦

まだまだ、世界と実力差があるのは分かっていましたが、
実際に闘ってみて、その差に愕然としましたが、チームの一つの財産となったでしょう。
今年は、もう一度世界と闘うために、ACLの連覇はもちろん、
昨年落としたリーグ、天皇杯、ナビスコも取りたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:19 | comments(0) | trackbacks(24) |
浦和レッズマガジン2008年3月号(通算26号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 03月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 03月号 [雑誌]

明日(一部の地域では明後日)発売のレッズマガジンの最新号です。
まだ、中身を見ていないのでなんとも言えませんが、
浦和名鑑とありますから、是非保存用に1冊いかがですか?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:48 | comments(0) | trackbacks(8) |
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007

昨年のACLの戦いを振り返る1枚です。
鳥肌ものの準決勝第2戦、そして歓喜の決勝第2戦などなど。
とくに、最終戦は会場音のみの特典ディスクが同梱されています。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 13:47 | comments(0) | trackbacks(23) |
赤菱のイレブン オフィシャルイヤーブック2007/古沢優
赤菱のイレブン オフィシャルイヤーブック2007
赤菱のイレブン オフィシャルイヤーブック2007
古沢 優

浦議やGGRでも有名な古沢優さんの赤菱のイレブンは、
既に単行本が2冊発売されていますが、今回は1コマと記事のセットです。
こちらもシリーズ化されるといいですね。

レッズサポのバイブル赤菱のイレブン (アクションコミックス)
レッズサポのバイブル赤菱のイレブン

レッズサポのバイブル赤菱のイレブン 2 2007シーズン (2) (アクションコミックス)
レッズサポのバイブル赤菱のイレブン 2 2007シーズン
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:10 | comments(0) | trackbacks(2) |
新背番号
浦和レッズの今年の背番号が決定しました。

 1 GK 山 岸  範 宏       17 FW エジミウソン
 2 DF 坪 井  慶 介       18 FW 小 池  純 輝
 3 MF 細 貝   萌        19 DF 内 舘  秀 樹
 4 DF 田 中  マルクス闘莉王   20 DF 堀之内   聖
 5     欠    番        21 MF 梅 崎   司
 6 MF 山 田  暢 久       22 DF 阿 部  勇 樹
 7 FW 高 原  直 泰       23 GK 都 築  龍 太
 8 MF 三都主  アレサンドロ    24 DF 坂 本  和 哉
 9 FW 永 井  雄一郎       25 DF 近 藤  徹 志
10 MF ポンテ            26 FW 高 崎  寛 之
11 FW 田 中  達 也       27 MF 西 澤  代志也
12 DF  堤   俊 輔       28 GK 加 藤  順 大
13 MF 鈴 木  啓 太       29 GK 大 谷  幸 輝
14 MF 平 川  忠 亮       30 MF 岡 野  雅 行
15 FW エスクデロ セルヒオ     31 DF 橋 本  真 人
16 MF 相 馬  崇 人       32 FW  林   勇 介
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:27 | comments(0) | trackbacks(5) |
スポーツジャーナリストへの提言
http://www.saishin.co.jp/column/weps/137.html

是非、こちらのサイトを読んでみて下さい。

http://mapleleaf.tblog.jp/?eid=171478

1月16日に上記のエントリーで取り上げたスポーツジャーナリスト達には、
このコラムを読んでから、改めて反論してもらいたいです。

CWCやACL以外でもレッズ試合も見ているのか?
山田主将が出場した時に記者席から拍手で迎えたのか?
自分たちが掲げる世界基準が本当に誰からも認められる世界基準か?

まあ、無理でしょうけどね?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:59 | comments(0) | trackbacks(4) |
2008年試合日程決定
浦和レッズの今年の試合日程が決定しました。
(ただし、後半戦は一部未定です)

 3月 8日 土  14:00 J 1節 横浜F・マリノス  @日産スタジアム
 3月15日 土  14:00 J 2節 名古屋グランパス  @埼玉スタジアム2002
 3月20日 木祝 16:00 ナ予1戦 ヴィッセル神戸   @埼玉スタジアム2002
 3月23日 日  17:00 ナ予2戦 京都サンガ     @西京極総合運動公園陸上競技場
 3月30日 日  16:00 J 3節 アルビレックス新潟 @埼玉スタジアム2002
 4月 2日 水  19:00 J 4節 清水エスパルス   @日本平スタジアム
 4月 5日 土  13:00 J 5節 ジュビロ磐田    @エコパスタジアム
 4月13日 日  16:00 J 6節 鹿島アントラーズ  @埼玉スタジアム2002
 4月16日 水  19:00 ナ予3戦 京都サンガ     @さいたま市浦和駒場スアジアム
 4月20日 日  14:00 J 7節 大宮アルディージャ @埼玉スタジアム2002
 4月26日 土  16:00 J 8節 京都サンガ     @西京極総合運動公園陸上競技場
 4月29日 火祝 16:00 J 9節 コンサドーレ札幌  @埼玉スタジアム2002
 5月 3日 土祝 19:00 J10節 ヴィッセル神戸   @ホームズスタジアム神戸
 5月 6日 火祝 16:00 J11節 ジェフ千葉     @埼玉スタジアム2002
 5月10日 土  14:00 J12節 川崎フロンターレ  @等々力陸上競技場
 5月17日 土  14:00 J13節 ガンバ大阪     @埼玉スタジアム2002
 5月25日 日  19:00 ナ予4戦 名古屋グランパス  @豊田スタジアム
 5月31日 土  19:00 ナ予5戦 ヴィッセル神戸   @ホームズスタジアム神戸
 6月 8日 日  15:00 ナ予6戦 名古屋グランパス  @埼玉スタジアム2002
 6月28日 土  19:00 J14節 柏レイソル     @国立競技場
 7月 5日 土  19:00 J15節 FC東京      @埼玉スタジアム2002
 7月12日 土  18:00 J16節 大分トリニータ   @九州石油ドーム
 7月17日 木  19:30 J17節 東京ヴェルディ   @埼玉スタジアム2002
 7月21日 月祝 18:00 J18節 川崎フロンターレ  @埼玉スタジアム2002
 7月27日 日  18:30 J19節 鹿島アントラーズ  @県立カシマサッカースタジアム
 8月 9日 土        J20節 柏レイソル     @埼玉スタジアム2002
 or10日 日
 8月16日 土        J21節 FC東京      @味の素スタジアム
 or17日 日
 8月23日 土        J22節 ジュビロ磐田    @埼玉スタジアム2002
 or24日 日
 8月27日 水        J23節 東京ヴェルディ   @国立競技場
 9月13日 土        J24節 大分トリニータ   @埼玉スタジアム2002
 9月17日 水        AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦
 9月20日 土        J25節 大宮アルディージャ @NACK5スタジアム大宮
 or21日 日
 9月24日 水        AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦
 9月28日 日        J27節 名古屋グランパス  @名古屋市瑞穂陸上競技場
10月 1日 水        J26節 京都サンガ     @さいたま市浦和駒場スタジアム
10月 4日 土        J28節 ジェフ千葉     @フクダ電子アリーナ
10月18日 土        J29節 ヴィッセル神戸   @埼玉スタジアム2002
 or19日 日
 or29日 水
10月25日 土        J30節 アルビレックス新潟 @東北電力ビッグスワンスタジアム
 or26日 日
11月 8日 土        J31節 コンサドーレ札幌  @未定
 or 9日 日
11月22日 土        J32節 清水エスパルス   @埼玉スタジアム2002
 or23日 日
11月29日 土        J33節 ガンバ大阪     @万博記念競技場
12月 6日 土        J34節 横浜F・マリノス  @埼玉スタジアム2002
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(9) |
浦和レッズマガジン2008年2月号(通算25号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 02月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 02月号 [雑誌]

CWCの増刊号を1冊挟んだため、通算25号になる2月号が発売されています。
「2008年大展望・今年も世界を駆け巡ろう!」がテーマな今号、
大型補強もそろそろ終了し、今シーズンが楽しみになって来ました。
ただし、補強の正念場は夏とGMが語っているので、
欧州サッカーのシーズンオフでの残された外国人枠での補強にも期待したいですね。

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:48 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポーツジャーナリスト
この人と飲みたい : 第105回 金子達仁(スポーツライター)<前編>「浦和は善戦だったか?」
【杉山茂樹コラム】応援と観戦の乖離

以上のページにおける、K氏とS氏の発言に、
浦議(浦和レッズについて議論するページ)では、
浦和レッズのサポからは彼らの発言に対し批判的な意見が出ています。

ジャーナリストにもいろいろいますから、
肯定的な意見だけではなく、批判的な意見があるのは当然でしょう。
しかし、事実誤認のままの発言とはいただけないですね。

例えば、彼らは浦和の応援は世界基準とは異なると指摘します。
でも、浦和は浦和の基準があり世界と比較するために応援しているわけではありません。
また、彼らの言うところの世界というのは、あくまで欧州のみが対象のようです。
果たして、欧州の応援が本当に世界基準であり、素晴らしいものなのでしょうか?

アフリカ選手に対する人種差別、
フーリガンによる試合そっちのけの暴動そして殺人、
ピッチの選手に豚の生首を放り込む、
女性や子供たちが安心して観戦できない環境、
このような問題点には目を瞑ったまま浦和の批判をするなんて、
ジャーナリスト失格ではないでしょうか?

しかも、彼らはレッズサポの主戦場であるゴール裏に来たことがあるのでしょうか?
(K氏はスタジアムにすら来ないらしいですが・・・)
また、S氏が上記のページで、
「応援を最大の目的に、わざわざスタジアムに足を運ぶわけではない。」
と断言していますが、応援が最大の目的の人もいるんじゃないかな?
(正確には勝たせるための応援=サポートですが)

かつては、遠い彼方にあった欧州サッカーを未だに崇拝したいだけなのでしょう。
ただ、そこまで世界基準にこだわるのならば、
バルセロナの町中に似非ミラニスタがあふれることがありますか?
マンチェスターにバイエルンのユニを着たイングランド人があふれますか?
横浜にはミランのユニを着た日本人が沢山いましたが、
そちらの方がよほど世界基準から乖離しているのであって、
何故そちらを批判しないのでしょうかね?

正解は、何の記事であれ浦和とさえ書き込めば、
アーラ不思議、たちまち皆さんが注目します、といったカラクリがあるだけで、
彼らこそ、いい加減なジャーナリズムから脱却し、
世界基準の正統なジャーナリストになってもらいたいものです。
(まあ、彼らは自分に甘いので、そんなことは出来ないでしょうがね)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:04 | comments(0) | trackbacks(17) |
人事往来 その2
浦和レッズのここ数日の動きです。

12月29日 延長 徳重 健太 (→神戸)
 1月 6日 内定 高原 直泰 (←フランクフルト)
 1月 9日 移籍 赤星 貴文 (→水戸:期限付き)

それ以外の動向としては
アレックス(復帰予定:←ザルツブルク)
長谷部 誠(欧州移籍:→シエナ?ウォルフスブルク?)
小野 伸二(欧州移籍:→ボーフム?)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦和レッズマガジン2008年1月号(通算23号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 01月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2008年 01月号 [雑誌]

あまり、見たくない記事が満載の今月号ですが、
来年の戦いのためにも反省のために、一読しておく必要がありますね。

さて、まだアマゾンから検索できませんが、
27日に2月増刊号が発売されています、
こちらは、今年の全戦いの記録が掲載されており、
ACミランやエトワール・サヘル戦まであります。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:23 | comments(0) | trackbacks(24) |
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡AFCチャンピオンズリーグ2007

あの激闘を振り返るDVDが発売されます。
今年はこれ以外にもDVD年鑑が発売されるかもしれませんが、
国内の方はあまり見たくないけど、こちらは何度でも見たいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:49 | comments(0) | trackbacks(28) |
人事往来
浦和レッズのここ数日の動きです。

17日 退団 ネ   ネ (→未定)
18日 退団 ワシントン (→フルミネンセ)
25日 復帰 近藤 徹志 (←愛媛)
    移籍 大山 俊輔 (→湘南:期限付き)
    移籍 中村 祐也 (→湘南:完全)
    移籍 横山 拓也 (→愛媛:完全)
26日 加入 梅崎  司 (←大分:完全)
28日 加入 エジミウソン(←新潟)
    消滅 今野 泰幸 (東京残留orG大阪移籍?)

それ以外の動向としては
アレックス(復帰予定:←ザルツブルク)
長谷部 誠(欧州移籍:→シエナ?ウォルフスブルク?)
高原 直泰(噂?:←フランクフルト)
伊野波雅彦(噂?:←FC東京)
水本 裕貴(噂?:←千葉)

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦和レッズ-2007年全記録―Saitama Graphic
浦和レッズ-2007年全記録―Saitama Graphic (速報グラフ (VOL8))
浦和レッズ-2007年全記録―Saitama Graphic (速報グラフ (VOL8))
浦和レッドダイヤモンズ

2000年から埼玉新聞社から毎年発売されている速報グラフです。
今年は、リーグで敗れたところまでですから、納得のいかないグラフですが・・・
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(20) |
浦和レッズ応援サークル報告書(26)
2007年12月16日16時00分キックオフ@横浜国際総合競技場(観客53,363人)
FIFAクラブワールドカップ2007 3位決定戦
浦和レッズ2−2エトワール・サヘル
   PK−2
浦和レッズ:ワシントン(35分、70分)
サヘル:フレジュ(5分:PK)、シェルミティ(75分)
PK戦
(先攻)浦和:ワシントン○、阿部勇樹○、永井雄一郎○、細貝萌○
(後攻)サヘル:モハメド・アリナフハ×、セイフ・ゲザル○、ベッセム・ベン・ナスル○、メジディ・トラウイ×

ワシントンが有終の美を飾る2発でPK戦。
都築が2失点目の汚名を返上するセーブで劇的勝利。
ACミランには負けてしまいましたが、大会を勝利で終えられました。
いつかは世界の頂点に立ちたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:11 | comments(0) | trackbacks(99) |
エトワール・サヘル
あちらさんの公式ホームページによると、
明日の試合の結果3位か4位かのアンケートは、
3位(勝ち)が89.8%
4位(負け)が10.2%
レッズサポが乗り込んで投票したのか、
あるいはアンチ・エトワール・サヘルがそれだけいるのか、
セパハン(ガンバ)大阪みたいなのが、チュニジア国内にいるのか、
どうなんでしょうか?

ちなみにこの時点での投票数は689票でした。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(5) |
浦和レッズ応援サークル報告書(25)
2007年12月13日19時30分キックオフ@横浜国際総合競技場(観客67,005人)
FIFAクラブワールドカップ2007準決勝
浦和レッズ0−1ACミラン
ミラン:セードルフ(68分)

ヨーロッパチャンピオン相手にどこまでやれるか?
期待と不安の混じった試合でしたが、
やはり、実力の差を感じる一戦でした。

しかし、チャンスはあっただけに、
選手達は精一杯頑張ったとは思いますが、
ミランを倒せなかったことはやはり悔しいですね。

国内でリーグ連覇を逃すようでは、まだまだなチームなのですが、
これからは、ミラン相手でもひけをとらないチームにしていきたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:29 | comments(0) | trackbacks(51) |
ゲバラ日記
ゲバラ日記―新訳 (中公文庫 ケ 3-1)
ゲバラ日記―新訳 (中公文庫 ケ 3-1)
チェ・ゲバラ, 平岡 緑

今、NHKでも取り上げられていますがチェ・ゲバラ日記の最新刊行本です。
ウチのスタジアムで彼の旗が掲げられていますが、
この機会にテレビを見るとともに、一度読んでみてはいかがでしょうか。
NHKは火曜日の教育テレビで放映されています。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:15 | comments(0) | trackbacks(49) |
浦和レッズ応援サークル報告書(24)
2007年12月10日19時30分キックオフ@豊田スタジアム(観客33,263人)
FIFAクラブワールドカップ2007
浦和レッズ3−1セパハン
浦和:永井(32分)、ワシントン(54分)、オウンゴール(70分)
セパハン:カリミ(80分)

これで世界であと2試合も戦えます。
次はACミランとの真剣勝負、勝つぞー!!!
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:29 | comments(0) | trackbacks(76) |
人事に関する噂
このシーズンになると仕方ない話ですが、
ウチもビッグクラブと呼ばれるようになり、
選手の異動に関する噂が多く出ていますね。

まず、アウトに関しては、
長谷部誠→シエナ(イタリア)、ワシントン→(ブラジル)、ネネ→放出

インに関しては、
(千葉)水野晃樹、(東京)今野泰幸、(新潟)エジミウソン、(広島)柏木陽介、
(広島)駒野友一、(福岡)中村北斗、(大分)梅崎司

昨シーズンの選手の動きは、
レンタル先への完全移籍と新たなレンタルでアウトがあったのと、
千葉から阿部勇樹のインしかありませんでした。

ACLを制覇したとはいえ国内無冠に終わった以上、
やはり戦力の大幅な見直しは必要ですから、
噂に上がったほとんどを獲得するくらいの改革は必要かもしれませんね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:58 | comments(0) | trackbacks(15) |
来シーズンの体制
J1             J2
コンサドーレ札幌       ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ       モンテディオ山形
浦和レッドダイヤモンズ    水戸ホーリーホック
大宮アルディージャ      ザスパ草津
ジェフユナイテッド千葉    横浜FC
柏レイソル          湘南ベルマーレ
FC東京           ヴァンフォーレ甲府
東京ヴェルディ        FC岐阜
川崎フロンターレ       セレッソ大阪
横浜F・マリノス       サンフレッチェ広島
アルビレックス新潟      徳島ヴォルティス
清水エスパルス        愛媛FC
ジュビロ磐田         アビスパ福岡
名古屋グランパス       サガン鳥栖
京都サンガF.C.      ロッソ熊本
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
大分トリニータ


| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
闘莉王―赤き魂のサムライ
闘莉王―赤き魂のサムライ
闘莉王―赤き魂のサムライ
矢内 由美子

レッズサポなら必読です。

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:06 | - | - |
ポンテ負傷
オフィシャルより

ロブソン・ポンテの怪我・帰国について

1日(土)の横浜FC戦で負傷したロブソン・ポンテの診断結果について、お知らせ致します。

診断結果:右膝前十字靭帯損傷
※ロブソン・ポンテは、治療のため、明日ブラジルに帰国致します。

ロブソン・ポンテ、メッセージ
「今年のサポーターの熱い声援、後押しにはとても感謝しています。
Jリーグを優勝していれば、全ての人が本当に幸せな思いで今年を終える事が出来たのに残念です。
しかし、サポーターにアジアのタイトルをプレゼント出来た事は良かった。
来年は更にサポーターと一体となり、多くのタイトルにチャレンジしたい。
最後にもう一度、サポーターに感謝したい。
また来年会いましょう。そして、ありがとう!!」

FIFA CLUB WORLD CUPはどうなるんだ?
ただでさえ、不調なチーム状態に加え大黒柱の離脱と言うピンチ。
初戦の突破すら危うい状態になってきてしまいました。

仮にセパハンに破れることになったら、
開催国枠をゴリ押ししたツケをかぶることになりそうですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:20 | comments(0) | trackbacks(9) |
2007最終順位
J1  勝点 得失差 得点
 1位 72 +24 60 鹿島アントラーズ
 2位 70 +27 55 浦和レッドダイヤモンズ
 3位 67 +34 71 セパハン大阪(注)
 4位 61 +17 53 清水エスパルス
 5位 54 +18 66 川崎フロンターレ
 6位 51 + 1 48 アルビレックス新潟
 7位 50 +19 54 横浜F・マリノス
 8位 50 + 7 43 柏レイソル
 9位 49 ー 1 54 ジュビロ磐田
10位 47 +10 58 ヴィッセル神戸
11位 45 ー 2 43 名古屋グランパスエイト
12位 45 ー 2 43 FC東京
13位 42 ー 5 51 ジェフユナイテッド千葉
14位 41 ー18 42 大分トリニータ
15位 35 ー16 24 大宮アルディージャ
16位 32 ー27 44 サンフレッチェ広島
17位 27 ー32 33 ヴァンフォーレ甲府
18位 16 ー47 19 横浜FC

J2  勝点 得失差 得点
 1位 91 +21 66 コンサドーレ札幌
 2位 89 +33 90 東京ヴェルディ1969
 3位 86 +21 80 京都サンガF.C.
 4位 83 +18 72 ベガルタ仙台
 5位 80 +17 72 セレッソ大阪
 6位 77 +17 72 湘南ベルマーレ
 7位 73 +16 77 アビスパ福岡
 8位 72 ー 3 63 サガン鳥栖
 9位 58 ー10 46 モンテディオ山形
10位 45 ー27 39 愛媛FC
11位 42 ー29 42 ザスパ草津
12位 34 ー38 32 水戸ホーリーホック
13位 33 ー36 31 徳島ヴォルティス

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:09 | comments(0) | trackbacks(40) |
浦和レッズ応援サークル報告書(23)
2007年12月1日14時34分キックオフ@日産スタジアム(観客46,697人)
浦和レッズ0−1横浜FC
横浜:根占(17分)

悪夢のリーグ優勝喪失です。
このショックはJ2陥落の時と同じくらいでしょうか・・・
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:15 | comments(0) | trackbacks(17) |
明日、最終決戦
J1第33節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 70 +28 55 浦和レッドダイヤモンズ    (次節@横浜C)
 2位 69 +21 57 鹿島アントラーズ       (次節vs清水)

優勝はこの2チームに絞られました。
このサイトでは、浦和レッズの連覇が達成されることを願っています。

15位 34 ー16 23 大宮アルディージャ      (次節vs川崎)
16位 31 ー27 42 サンフレッチェ広島      (次節vs大阪)

入れ替え戦の争いもこの2チームに絞られましたが、
得失点差を考えるとこのまま広島の入れ替え戦が濃厚でしょう。

J2第51節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 88 +33 88 東京ヴェルディ1969(3位以内)(次節@大阪)
 2位 88 +20 64 コンサドーレ札幌   (3位以内)(次節vs水戸)
 3位 85 +21 79 京都サンガF.C.  (3位以内)(次節@草津)

東京の昇格がほぼ確定で、札幌と京都が最後の自動昇格枠を争う形です。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:39 | comments(0) | trackbacks(22) |
AFC年間最優秀クラブ賞
浦和レッドダイヤモンズが11月28日にシドニーで開かれた
AFC(アジアサッカー連盟)の表彰式であるAFC年間アワード2007にて
AFC年間最優秀クラブを受賞いたしました。

アジアを制覇した以上、今度は世界が目標になりますが、
だからといって国内を疎かにしてはならないわけで、
昨日のJ2愛媛との試合での敗北は、いい反省材料ですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:19 | comments(1) | trackbacks(90) |
浦和レッズ応援サークル報告書(22)
2007年11月28日19時04分キックオフ@駒場スタジアム(観客12,247人)
浦和レッズ0−2愛媛FC
愛媛:田中(65、82分)

天皇杯3連覇の夢をいきなり初戦で絶たれてしまいました。
この敗戦が土曜日に影響しなければいいのですが・・・
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:03 | comments(0) | trackbacks(72) |
J2 第51節終了
J2第51節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 88 +33 88 東京ヴェルディ1969(3位以内)(次節@大阪)
 2位 88 +20 64 コンサドーレ札幌   (3位以内)(次節vs水戸)
 3位 85 +21 79 京都サンガF.C.  (3位以内)(次節@草津)
 4位 80 +16 70 ベガルタ仙台           (次節vs徳島)
 5位 79 +17 70 セレッソ大阪           (次節vs東京)
 6位 77 +18 71 湘南ベルマーレ          (次節@愛媛)
 7位 73 +18 76 アビスパ福岡     (順位確定)(次節vs鳥栖)
 8位 69 ー 5 60 サガン鳥栖      (順位確定)(次節@福岡)
 9位 58 ー10 46 モンテディオ山形   (順位確定)(次節試合無)
10位 42 ー28 37 愛媛FC             (次節vs湘南)
11位 41 ー29 41 ザスパ草津            (次節vs京都)
12位 34 ー37 31 水戸ホーリーホック        (次節@札幌)
13位 33 ー34 31 徳島ヴォルティス         (次節@仙台)

昇格および入れ替え戦にになる3チームが決定。
東京Vはほぼ当確といった感じでしょうか。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(3) |
浦和レッズ応援サークル報告書(21)
2007年11月24日14時04分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客62,123人)
浦和レッズ0−1鹿島アントラーズ
鹿島:野沢(66分)

この結果、優勝は最終節にまでもつれ込むことになりました。
次節の優勝条件は、
浦和 勝ち
浦和 分け  鹿島 分け以下
浦和 負け  鹿島 分け以下
相手の状況が分からないので、勝つしかありません。
チケットも急激に売れたらしく、満員のスタジアムになりそうです。

J1第33節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 70 +28 55 浦和レッドダイヤモンズ    (次節@横浜C)
 2位 69 +21 57 鹿島アントラーズ       (次節vs清 水)
 3位 66 +34 69 セパハン大阪(注)      (次節@広 島)
 4位 61 +20 53 清水エスパルス  (順位確定)(次節@鹿 島)
 5位 53 +18 65 川崎フロンターレ       (次節@大 宮)
 6位 51 + 3 48 アルビレックス新潟      (次節vs大 分)
 7位 50 +11 43 柏レイソル          (次節@磐 田)
 8位 49 +19 54 横浜F・マリノス       (次節@神 戸)
 9位 46 +10 58 ヴィッセル神戸        (次節vs横浜M)
10位 46 ー 5 50 ジュビロ磐田         (次節vs 柏 )
11位 42 ー 3 51 ジェフユナイテッド千葉    (次節vs名古屋)
12位 42 ー 4 41 名古屋グランパスエイト    (次節@千 葉)
13位 42 ー10 48 FC東京           (次節@甲 府)
14位 38 ー20 40 大分トリニータ  (順位確定)(次節@新 潟)
15位 34 ー16 23 大宮アルディージャ      (次節vs川 崎)
16位 31 ー27 42 サンフレッチェ広島      (次節vs大 阪)
17位 27 ー31 34 ヴァンフォーレ甲府(降格決定)(次節vs東 京)
18位 13 ー48 18 横浜FC     (降格決定)(次節vs浦 和

本日の試合結果、甲府の降格が決定しました。
また16位の広島もほぼ入れ替え戦が決定でしょう。
(広島5点差以上勝ち、大宮5点差以上負けのような大差ゲームが必要です)

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:37 | comments(0) | trackbacks(88) |
優勝/J1昇格/J2降格
J1第32節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 70 +29 55 浦和レッドダイヤモンズ(今節vs鹿 島/次節@横浜C)
 2位 66 +20 56 鹿島アントラーズ   (今節@浦 和/次節vs清 水)
 3位 65 +34 68 セパハン大阪(注)  (今節vs神 戸/次節@広 島)
 4位 60 +20 51 清水エスパルス    (今節vs千 葉/次節@鹿 島)
 5位 51 + 4 48 アルビレックス新潟  (今節@横浜M/次節vs大 分)
 6位 50 +15 62 川崎フロンターレ   (今節vs広 島/次節@大 宮)
 7位 47 +10 41 柏レイソル      (今節vs甲 府/次節@磐 田)
 8位 46 +18 53 横浜F・マリノス   (今節vs新 潟/次節@神 戸)
 9位 46 ー 4 50 ジュビロ磐田     (今節@大 分/次節vs 柏 )
10位 45 +10 57 ヴィッセル神戸    (今節@大 阪/次節vs横浜M)
11位 42 ー 9 47 FC東京       (今節vs大 宮/次節@甲 府)
12位 41 ー 3 49 ジェフユナイテッド千葉(今節@清 水/次節vs名古屋)
13位 41 ー 4 41 名古屋グランパスエイト(今節vs横浜C/次節@千 葉)
14位 35 ー21 39 大分トリニータ    (今節vs磐 田/次節@新 潟)
15位 31 ー17 21 大宮アルディージャ  (今節@東 京/次節vs川 崎)
16位 31 ー24 42 サンフレッチェ広島  (今節@川 崎/次節vs大 阪)
17位 27 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (今節@ 柏 /次節vs東 京)
18位 12 ー48 18 横浜FC(降格決定) (今節@名古屋/次節vs浦 和

浦和の優勝までの勝ち点はあと2ですから、
勝てば文句なし、引き分けでも大阪が引き分け以下で優勝が決定します。

甲府は明日の試合終了後に16位と勝ち点4差以上にになると降格決定ですので、
負ければ当然、勝ちや引き分けでも相手次第では降格決定です。

J2第50節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 88 +20 64 コンサドーレ札幌(3位以内)(今節試合無/次節vs水戸)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969   (今節vs愛媛/次節@大阪)
 3位 82 +20 78 京都サンガF.C.     (今節vs仙台/次節@草津)
 4位 80 +17 70 ベガルタ仙台        (今節@京都/次節vs徳島)
 5位 79 +18 70 セレッソ大阪        (今節@水戸/次節vs東京)
 6位 77 +19 70 湘南ベルマーレ       (今節vs福岡/次節@愛媛)
 7位 70 +17 74 アビスパ福岡        (今節@湘南/次節vs鳥栖)
 8位 68 ー 5 60 サガン鳥栖         (今節vs山形/次節@福岡)
 9位 57 ー10 46 モンテディオ山形      (今節@鳥栖/次節試合無)
10位 42 ー27 36 愛媛FC          (今節@東京/次節vs湘南)
11位 40 ー29 39 ザスパ草津         (今節@徳島/次節vs京都)
12位 32 ー34 29 徳島ヴォルティス      (今節vs草津/次節@仙台)
13位 31 ー38 30 水戸ホーリーホック     (今節vs大阪/次節@札幌)

優勝は札幌、東京、京都の3チームに絞られましたが、
昇格はその3チームに加え、仙台、大阪にまで可能性があります。

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:40 | comments(0) | trackbacks(17) |
祝・五輪出場決定
ウチの選手は細貝だけでしたが、
今日は前半から守備での貢献度が高かったですね。

ただアテネ大会がそうだったように、
予選で活躍しても五輪に出場出来るかはわからないですからねぇ・・・
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(20) |
J1第32節/J2第50節 順位
J1第32節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 70 +29 55 浦和レッドダイヤモンズ(次節vs鹿 島/次々節@横浜C)
 2位 66 +20 56 鹿島アントラーズ   (次節@浦 和/次々節vs清 水)
 3位 65 +34 68 セパハン大阪(注)  (次節vs神 戸/次々節@広 島)
 4位 60 +20 51 清水エスパルス    (次節vs千 葉/次々節@鹿 島)
 5位 51 + 4 48 アルビレックス新潟  (次節@横浜M/次々節vs大 分)
 6位 50 +15 62 川崎フロンターレ   (次節vs広 島/次々節@大 宮)
 7位 47 +10 41 柏レイソル      (次節vs甲 府/次々節@磐 田)
 8位 46 +18 53 横浜F・マリノス   (次節vs新 潟/次々節@神 戸)
 9位 46 ー 4 50 ジュビロ磐田     (次節@大 分/次々節vs 柏 )
10位 45 +10 57 ヴィッセル神戸    (次節@大 阪/次々節vs横浜M)
11位 42 ー 9 47 FC東京       (次節vs大 宮/次々節@甲 府)
12位 41 ー 3 49 ジェフユナイテッド千葉(次節@清 水/次々節vs名古屋)
13位 41 ー 4 41 名古屋グランパスエイト(次節vs横浜C/次々節@千 葉)
14位 35 ー21 39 大分トリニータ    (次節vs磐 田/次々節@新 潟)
15位 31 ー17 21 大宮アルディージャ  (次節@東 京/次々節vs川 崎)
16位 31 ー24 42 サンフレッチェ広島  (次節@川 崎/次々節vs大 阪)
17位 27 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (次節@ 柏 /次々節vs東 京)
18位 12 ー48 18 横浜FC(降格決定) (次節@名古屋/次々節vs浦 和

J2第50節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 88 +20 64 コンサドーレ札幌(3位以内)(次節試合無/次々節vs水戸)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969   (次節vs愛媛/次々節@大阪)
 3位 82 +20 78 京都サンガF.C.     (次節vs仙台/次々節@草津)
 4位 80 +17 70 ベガルタ仙台        (次節@京都/次々節vs徳島)
 5位 79 +18 70 セレッソ大阪        (次節@水戸/次々節vs東京)
 6位 77 +19 70 湘南ベルマーレ       (次節vs福岡/次々節@愛媛)
 7位 70 +17 74 アビスパ福岡        (次節@湘南/次々節vs鳥栖)
 8位 68 ー 5 60 サガン鳥栖         (次節vs山形/次々節@福岡)
 9位 57 ー10 46 モンテディオ山形      (次節@鳥栖/次々節試合無)
10位 42 ー27 36 愛媛FC          (次節@東京/次々節vs湘南)
11位 40 ー29 39 ザスパ草津         (次節@徳島/次々節vs京都)
12位 32 ー34 29 徳島ヴォルティス      (次節vs草津/次々節@仙台)
13位 31 ー38 30 水戸ホーリーホック     (次節vs大阪/次々節@札幌)

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:58 | comments(0) | trackbacks(57) |
浦和レッズ応援サークル報告書(20)
2007年11月18日14時02分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客56,368人)
浦和レッズ0−0清水エスパルス

ワシントンの出場停止、達也、小野、堀之内、山田が怪我で欠場、細貝が五輪予選
そのためスタメンはともかくベンチに西沢、中村、堤、小池が入るなど、
スクランブル状態の上に試合開始早々に啓太が瞼の上に傷を負い退場と、
ゲームプランが実行出来ない非常事態でしたが、0−0とドローで勝ち点1をゲット。
今シーズンの負けない戦いを貫くことができました。

大阪が引き分けたため勝ち点差は5のままで3位に陥落し、
勝ち点3を積み上げた鹿島が勝ち点差4で2位になりました。
これで次節直接対決で勝てば文句なし、引き分けでも大阪の結果で優勝です。

第32節終了時の順位は次の通りです。
    勝点 得失差 得点
 1位 70 +29 55 浦和レッドダイヤモンズ(次節vs鹿島/次々節@横浜FC)
 2位 66 +20 56 鹿島アントラーズ   (次節@浦和/次々節vs清水)
 3位 65 +34 68 セパハン大阪(注)  (次節vs神戸/次々節@広島)
 4位 60 +20 51 清水エスパルス    (次節vs千葉/次々節@鹿島)

ACL出場権は浦和と大阪以外の最上位ということで、
鹿島と清水が最後の枠を争っていますが、
こちらは清水2連勝、鹿島2連敗以外ならば鹿島です。

一方、降格可能性のある下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
14位 35 ー21 39 大分トリニータ    (次節vs磐田/次々節@新潟)
15位 31 ー17 21 大宮アルディージャ  (次節@東京/次々節vs川崎)
16位 31 ー24 42 サンフレッチェ広島  (次節@川崎/次々節vs大阪)
17位 27 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (次節@柏 /次々節vs東京)
18位 12 ー48 18 横浜FC(降格決定)(次節@名古屋/次々節vs浦和

自動降格の17位はまだ決まっていませんが甲府が崖っぷちです。
入れ替え戦も大宮か広島といったところでしょうが、大分も可能性だけはあります。

J2第50節終了時(順位に関係ない試合は除く)の昇格の可能性の残る上位の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 88 +20 64 コンサドーレ札幌   (次節試合無/次々節vs水戸)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969(次節vs愛媛/次々節@大阪)
 3位 82 +20 78 京都サンガF.C.  (次節vs仙台/次々節@草津)
 4位 80 +17 70 ベガルタ仙台     (次節@京都/次々節vs徳島)
 5位 79 +18 70 セレッソ大阪     (次節@水戸/次々節vs東京)
 6位 77 +19 70 湘南ベルマーレ    (次節vs福岡/次々節@愛媛)

1位札幌の3位以内は確定。
2位から5位は自動昇格、入れ替え戦、4位以下のどれもあります。
6位湘南は入れ替え戦の可能性だけが残ります。

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 18:57 | comments(0) | trackbacks(21) |
今度はJリーグ制覇だ!
Jリーグは残すところ3節です。
我らが浦和レッドダイヤモンズはあと勝ち点5で優勝が確定するので、
今節清水に勝ち、大阪と鹿島が引き分け以下なら優勝が決まります。

第31節終了時の順位は次の通りです。
    勝点 得失差 得点
 1位 69 +29 55 浦和レッドダイヤモンズ(今節vs清水)
 2位 64 +34 67 セパハン大阪(注)  (今節@FC東京)
 3位 63 +19 55 鹿島アントラーズ   (今節vs柏)

一方、降格可能性のある下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
13位 38 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(今節@大分)
14位 35 ー19 38 大分トリニータ    (今節vs名古屋)
15位 30 ー17 21 大宮アルディージャ  (今節@甲府)
16位 30 ー24 41 サンフレッチェ広島  (今節vs神戸)
17位 26 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (今節vs大宮)
18位 12 ー46 18 横浜FC(降格決定) (今節vs新潟)

J2第49節終了時に昇格の可能性の残る上位の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 87 +20 62 コンサドーレ札幌    残り2試合(今節vs京都)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969 残り2試合(今節試合なし)
 3位 81 +20 76 京都サンガF.C.   残り3試合(今節@京都)
 4位 80 +18 68 ベガルタ仙台      残り3試合(今節vs湘南)
 5位 78 +18 68 セレッソ大阪      残り3試合(今節@草津)
 6位 74 +18 67 湘南ベルマーレ     残り3試合(今節@仙台)

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:18 | comments(0) | trackbacks(29) |
浦和レッズ応援サークル報告書(19ー2)
2007年11月14日19時26分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客59,034人)
浦和レッズ2−0セパハン
浦和:永井(21分)、阿部(70分)

AFCチャンピオンズリーグ2007優勝!!

と同じ記事を繰り返すだけではつまらないので、
携帯で撮影した写真を掲載してみます。



1枚目は選手入場時のバックスタンドのビジュアルサポートです。
私の位置はホームゴール寄りだったために、中心からずれて見えますが、
高い位置だったので、全体が良く見えました。



2枚目は後半開始前に入場してくる選手を応援する、
北ゴール裏のビジュアルサポートです。
赤、白、黒の♡に12の入った横断幕を掲げていますが、
ほぼ真横から見る形になりました。



試合終了後、表彰式の準備をしている時に、
本日の試合開始時のビジュアルサポートをもう一度繰り返しました。
表彰式まで残っているサポーターがほとんどだったので、
ビジュアルの形が崩れることなく再現することが出来ました。



トロフィーを本日のゲームキャプテンである鈴木啓太選手が掲げた時に、
(正確には、掲げる直前から始まっていましたが)
表彰台の後ろから銀色の紙吹雪が舞い上がりました。



電光掲示板にはアジア制覇を讃える掲示が出されていました。


さて、その後浦和市内に行ってみたところ、



レッズサポーターが集結する場所として有名な、
居酒屋「力」の前の交差点に人が集まり、
いつまでもコールを繰り返していました。



さらに、その近くではただ酒が振る舞われていました。

レッズはここまで、ナビスコ杯→天皇杯→Jリーグ→アジアCL
順番に制して来たので、残すは世界(CWC)のみになりましたが、
どのタイトルも何度取っても構わないのですから、
まずは今年のJリーグを取りに行きましょう。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:06 | comments(0) | trackbacks(25) |
浦和レッズ応援サークル報告書(19)
2007年11月14日19時26分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客59,034人)
浦和レッズ2−0セパハン
浦和:永井(21分)、阿部(70分)

AFCチャンピオンズリーグ2007優勝!!

フェアプレー賞:浦和レッズ
最多得点(5得点):ポンテ、サイド モハマド メフディ サイ(セパハン)
大会MVP:永井雄一郎

とにかく、アジアナンバーワンに輝きました。
「次は世界だ、待ってろミラン」といいたいところですが、
まずはセパハンまたわワイタケレにしっかりと引導を渡すことが大事ですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:45 | comments(0) | trackbacks(94) |
本日決勝戦・・・って何だかどこかの広告みたいですが
予定通り、本日はACL決勝観戦のため本日唯一の投稿です。
たぶん、これから一晩中パソコンの前に戻れないのでしょう。

ALL COME TOGETHER!
2007年11月14日19時20分キックオフ予定@埼玉スタジアム2002
AFCチャンピオンズリーグ決勝 第2戦
浦和レッドダイヤモンズvsセパハン(イラン)

TV中継
(生中継)19時06分テレビ朝日系列/19時00分BS朝日
(録画)15日0時10分NHK衛星第1
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 11:15 | comments(0) | trackbacks(106) |
浦和レッズマガジン2007年12月号(通算21号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 12月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 12月号 [雑誌]

いよいよ明日はACL決勝第2戦です。
浦和レッズマガジン12月号では、第1戦の速報も掲載されています。

Amazon.co.jpでのご購入は、こちらをご覧ください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:05 | comments(0) | trackbacks(15) |
浦和レッズ応援サークル報告書(18)
2007年11月11日16時04分キックオフ@等々力陸上競技場(観客23,355人)
川崎フロンターレ1−1浦和レッズ
川崎:養父(10分)、浦和:ワシントン(32分)

J1上位の第31節の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 69 +29 55 浦和レッドダイヤモンズ(次節vs清水)
 2位 64 +34 67 セパハン大阪(注)  (次節@FC東京)
 3位 63 +19 55 鹿島アントラーズ   (次節vs柏)

降格可能性のある下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
13位 38 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(次節@大分)
14位 35 ー19 38 大分トリニータ    (次節vs名古屋)
15位 30 ー17 21 大宮アルディージャ  (次節@甲府)
16位 30 ー24 41 サンフレッチェ広島  (次節vs神戸)
17位 26 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (次節vs大宮)
18位 12 ー46 18 横浜FC(降格決定) (次節vs新潟)

J2第49節で昇格の可能性の残る上位の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 87 +20 62 コンサドーレ札幌    残り2試合(次節vs京都)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969 残り2試合(次節試合なし)
 3位 81 +20 76 京都サンガF.C.   残り3試合(次節@京都)
 4位 80 +18 68 ベガルタ仙台      残り3試合(次節vs湘南)
 5位 78 +18 68 セレッソ大阪      残り3試合(次節@草津)
 6位 74 +18 67 湘南ベルマーレ     残り3試合(次節@仙台)

JFLではロッソ熊本の4位以内が確定したために、
来シーズンからのJリーグ参加に前進しました。
ロッソ=赤ですから、
またいチームが増えるのですね。

(注)
当サイトでは11月10日の万博での出来事を受け、
暫くはセパハン大阪と表記させていただきます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:16 | comments(0) | trackbacks(39) |
J1第31節/J2第49節 暫定順位
J1上位の第31節の暫定順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 68 +29 54 浦和レッドダイヤモンズ(今節@川崎/次節vs清水)
 2位 64 +34 67 ガンバ大阪      (次節@FC東京)
 3位 63 +19 55 鹿島アントラーズ   (次節vs柏)
 4位 56 +18 48 清水エスパルス    (今節vs広島/次節@浦和

降格可能性のある下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
11位 41 ー 2 47 ジェフユナイテッド千葉(次節vs横浜FM)
12位 41 ー 9 46 FC東京       (次節vs大阪)
13位 38 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(次節@大分)
14位 32 ー20 36 大分トリニータ    (今節@大宮/次節vs名古屋)
15位 30 ー16 20 大宮アルディージャ  (今節vs大分/次節@甲府)
16位 30 ー22 40 サンフレッチェ広島  (今節@清水/次節vs神戸)
17位 26 ー30 32 ヴァンフォーレ甲府  (次節vs大宮)
18位 12 ー46 18 横浜FC(降格決定) (次節vs新潟)

J2第49節で昇格の可能性の残る上位の暫定順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 87 +20 61 コンサドーレ札幌    残り3試合(今節@鳥栖/次節vs京都)
 2位 85 +32 86 東京ヴェルディ1969 残り2試合(次節試合なし)
 3位 80 +18 68 ベガルタ仙台      残り3試合(次節vs湘南)
 4位 78 +19 74 京都サンガF.C.   残り4試合(今節vs山形/次節@京都)
 5位 75 +14 64 セレッソ大阪      残り4試合(今節vs福岡/次節@草津)
 6位 71 +17 65 湘南ベルマーレ     残り4試合(今節vs草津/次節@仙台)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:41 | comments(0) | trackbacks(18) |
浦和レッズ応援サークル報告書(17)
2007年11月7日21時30分キックオフ@フーラド・シャハール・スタジアム
浦和レッズ1−1セパハン
浦和:ポンテ(44分)
セパ:マスド・ホマミ(46分)

前半終了間際に先制も後半開始早々に同点に、
そこからは攻められっぱなしの上に、ピッチの状態が悪くウチには不利な展開に。
それでも辛うじて勝ち点1を獲得し、アウェイゴールも得たのだから、
来週は必ず勝利で頂点に立ちましょう。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:14 | comments(0) | trackbacks(26) |
浦和レッズ応援サークル報告書(特別編)
2007年11月4日13時30分キックオフ@盛岡南公園球技場(観客3,700人)
遠野高校1−1盛岡商業高校
  PK3−2
得点者:延長前半5分(盛商#10)林、延長後半7分(遠野#10)鈴木

レッズに入団が内定している林勇介選手の盛商の試合ということで観戦していましたが、
残念ながらPK戦で敗れてしまいました。
ただ、林選手は故障を抱えているようでしたので、
来シーズンにそなえて治療に専念してもらいたいですね。

さて彼のプレー内容ですが、
怪我を抱えているためか中盤ではなくトップにいましたが、
ポジショニングの上手さが際立っていましたよ。
将来を期待したい選手です。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:13 | comments(0) | trackbacks(61) |
盛岡のレッズサポへ(11月7日のセパハン戦について)
ACLの決勝トーナメントのあった9月19日、26日、10月3日、24日は、
大通りにある「オールスポーツカフェ&レストラン グラツィエ」にて、
数名ですがレッズサポが集合しました。

さて、11月7日にはセパハンとの決勝戦第1戦があります。
参加者のほとんどが初対面状態ですから、
気が向いたら気軽に参加してみてはいかがでしょうか?
店内に入れば、この人だとわかりますから大丈夫ですよ。
(私はレッズのACL用のレプリカを着用しているはずです)

Grazie(グラツィエ)
盛岡市大通3−1−23クリエイトビルB1(ガストがあるビルの地下)
電話019−625−3633
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(3) | trackbacks(12) |
浦和レッズ応援サークル報告書(16)
2007年10月28日17時03分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客52,314人)
浦和レッズ0−0名古屋グランパスエイト

    勝点 得失差 得点
 1位 68 +29 54 浦和レッドダイヤモンズ(次節@川崎)
 2位 61 +32 65 ガンバ大阪      (次節vs千葉)
 3位 60 +18 52 鹿島アントラーズ   (次節@横浜Fマリノス)
 4位 56 +18 48 清水エスパルス    (次節vs広島)

下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
10位 41 + 7 52 ヴィッセル神戸    (次節vs甲府)
11位 41   0 47 ジェフユナイテッド千葉(次節@大阪)
12位 41 ー 8 45 FC東京       (次節@新潟)
13位 37 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(次節vs磐田)
14位 32 ー20 36 大分トリニータ    (次節@大宮)
15位 30 ー16 20 大宮アルディージャ  (次節vs大分)
16位 30 ー22 40 サンフレッチェ広島  (次節@清水)
17位 26 ー27 31 ヴァンフォーレ甲府  (次節@神戸)
18位 11 ー46 17 横浜FC(降格決定) (次節@柏)

J2第48節終了時点での昇格の可能性の残る上位の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 87 +20 61 コンサドーレ札幌    残り3試合(次節@鳥栖)
 2位 84 +32 85 東京ヴェルディ1969 残り3試合(次節vs仙台)
 3位 79 +18 67 ベガルタ仙台      残り4試合(次節@東京)
 4位 78 +19 74 京都サンガF.C.   残り4試合(次節vs山形)
 5位 75 +14 64 セレッソ大阪      残り4試合(次節vs福岡)
 6位 71 +17 65 湘南ベルマーレ     残り4試合(次節vs草津)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(69) |
第30節暫定順位
    勝点 得失差 得点
 1位 67 +29 54 浦和レッドダイヤモンズ(今節vs名古屋/次節@川崎)
 2位 61 +32 65 ガンバ大阪      (次節vs千葉)
 3位 60 +18 52 鹿島アントラーズ   (次節@横浜Fマリノス)
 4位 56 +18 48 清水エスパルス    (次節vs広島)

下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
10位 41 + 7 52 ヴィッセル神戸    (次節vs甲府)
11位 41   0 47 ジェフユナイテッド千葉(次節@大阪)
12位 41 ー 1 45 FC東京       (今節vs川崎/次節@新潟)
13位 36 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(今節@浦和/次節vs磐田)
14位 32 ー20 36 大分トリニータ    (次節@大宮)
15位 30 ー16 20 大宮アルディージャ  (次節vs大分)
16位 30 ー22 40 サンフレッチェ広島  (次節@清水)
17位 26 ー27 31 ヴァンフォーレ甲府  (次節@神戸)
18位 11 ー46 17 横浜FC(降格決定) (次節@柏)

J2第48節暫定時点での昇格の可能性の残る上位の順位です。
    勝点 得失差 得点
 1位 87 +20 61 コンサドーレ札幌    残り3試合(次節@鳥栖)
 2位 83 +32 83 東京ヴェルディ1969 残り4試合(今節@草津/次節vs仙台)
 3位 79 +18 67 ベガルタ仙台      残り4試合(次節@東京)
 4位 78 +22 74 京都サンガF.C.   残り5試合(今節@鳥栖/次節vs山形)
 5位 72 +12 62 セレッソ大阪      残り5試合(今節@徳島/次節vs福岡)
 6位 68 +16 64 湘南ベルマーレ     残り5試合(今節@山形/次節vs草津)
 7位 67 +19 72 アビスパ福岡      残り4試合(次節@大阪)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:02 | comments(0) | trackbacks(39) |
新入団選手
今年1月の全国高校サッカー決勝戦で、
同点ゴールを決めた盛岡商業の林勇介選手の
浦和レッズへの入団が決まりました。

彼のポジションはMFで、
準決勝では決勝点となるオウンゴールを誘発するCKを蹴るなど、
昨年は2年生ながらチームの中心選手の1人でした。

ウチの中盤は厳しいですが、
そこを這い上がってきて欲しいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
J2 第47節終了
J2第47節終了時の昇格の可能性の残る上位の順位です。
   勝点 得失差 得点
1位 84 +20 61 コンサドーレ札幌    残り4試合(次節@愛媛)
2位 83 +32 83 東京ヴェルディ1969 残り4試合(次節@草津)
3位 78 +22 74 京都サンガF.C.   残り5試合(次節@鳥栖)
4位 76 +17 66 ベガルタ仙台      残り5試合(次節vs福岡)
5位 72 +12 62 セレッソ大阪      残り5試合(次節@徳島)
6位 68 +16 64 湘南ベルマーレ     残り5試合(次節@山形)
7位 67 +20 72 アビスパ福岡      残り5試合(次節@仙台)

とはいえ、今節は上位の取りこぼしがなかったので、
6位湘南、7位福岡の昇格への道は事実上閉ざされたといえるでしょうね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:05 | comments(0) | trackbacks(10) |
浦和レッズ応援サークル報告書(15)
2007年10月24日19時30分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客51,651人)
浦和レッズ2−2城南一和
   PK−3
浦和:ワシントン(20分)、長谷部誠(72分)
城南:チェ・ソング(55分)、キム・ドンヒョン(68分)
PK戦
(先攻)浦和:ポンテ○、ワシントン○、阿部勇樹○、永井雄一郎○、平川忠亮○
(後攻)城南:キムサンシク○、チェ・ソング×、キム・ドンヒョン○、パク・ジンソプ○

幸先よく先制したものの、後半CKのチャンスにシュートでフィニッシュできず、
カウンターから1失点、さらに逆転ゴールと嫌な流れも、
長谷部が上手いゴールを決めて同点。
しかし、その後のチャンスを活かせず延長突入もスコアレスドローでPK戦に。
ウチが5人キッチリ決めたのに対し、
ゴール裏の圧力のおかげか都築が2人目をとめ5−3での勝利。
これで、日本勢初の決勝戦への進出を決めました。
対戦相手はこれから決まりますが、是非アジアチャンピオンとして、
トヨタクラブワールドカップに出場したいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(16) |
盛岡のレッズサポへ(本日の城南一和戦について)
ACLの決勝トーナメントのあった9月19日、26日、10月3日は、
大通りにある「オールスポーツカフェ&レストラン グラツィエ」にて、
数名ですがレッズサポが集合しました。
(3人、2人、7人でした)

さて、本日10月24日には城南一和との第2戦があります。
参加者のほとんどが初対面状態ですから、
気が向いたら気軽に参加してみてはいかがでしょうか?
店内に入れば、この人だとわかりますから大丈夫ですよ。

Grazie(グラツィエ)
盛岡市大通3−1−23クリエイトビルB1(ガストがあるビルの地下)
電話019−625−3633
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:40 | comments(0) | trackbacks(10) |
第29節終了
    勝点 得失差 得点
 1位 67 +29 54 浦和レッドダイヤモンズ(次節vs名古屋)
 2位 61 +34 64 ガンバ大阪      (次節@清水)
 3位 57 +15 49 鹿島アントラーズ   (次節vs大分)
 4位 53 +16 45 清水エスパルス    (次節vs大阪)

下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
 9位 42 +18 47 横浜F・マリノス   (次節@甲府)
10位 41 ー 1 45 FC東京       (次節vs川崎)
11位 40   0 45 ジェフユナイテッド千葉(次節@広島)
12位 38 + 5 49 ヴィッセル神戸    (次節@柏)
13位 36 ー 6 38 名古屋グランパスエイト(次節@浦和
14位 32 ー17 36 大分トリニータ    (次節@鹿島)
15位 29 ー22 38 サンフレッチェ広島  (次節vs千葉)
16位 27 ー17 19 大宮アルディージャ  (次節@横浜FC)
17位 24 ー27 30 ヴァンフォーレ甲府  (次節vs横浜Fマリノス)
18位 11 ー45 17 横浜FC(降格決定) (次節vs大宮)

J2第46節終了時の上位の順位です(水戸−鳥栖戦はこれからですが)。
    勝点 得失差 得点
 1位 81 +19 60 コンサドーレ札幌    残り5試合(次節vs徳島)
 2位 80 +31 80 東京ヴェルディ1969 残り5試合(次節vs鳥栖)
 3位 76 +17 66 ベガルタ仙台      残り5試合(次節試合なし)
 4位 75 +20 71 京都サンガF.C.   残り6試合(次節vs愛媛)
 5位 69 + 9 59 セレッソ大阪      残り6試合(次節vs山形)
 6位 65 +15 62 湘南ベルマーレ     残り6試合(次節vs水戸)
 7位 64 +19 70 アビスパ福岡      残り6試合(次節vs草津)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:53 | comments(0) | trackbacks(5) |
浦和レッズ応援サークル報告書(14)
2007年10月20日19時05分キックオフ@フクダ電子アリーナ(観客16,756人)
浦和レッズ4−2ジェフユナイテッド千葉
浦和:ワシントン(28分、38分)、ポンテ(49分)、達也(89分)
千葉:レイナウド(54分)、羽生(77分)

前半は今朝の新聞の退団騒動で賑わしたワシントンが2ゴール、
後半も開始早々にポンテのゴールで−0と楽勝ムードも、
そこから−2に追い上げられた上に、
同点ゴールかとヒヤリとしたシーンもありました。
しかし、最後はロスタイムに達也のゴールで見事に勝利。
これでリーグ戦は5連勝です。

   勝点 得失差 得点
1位 67 +29 54 浦和レッドダイヤモンズ
2位 58 +29 59 ガンバ大阪(1試合未消化)
3位 57 +15 49 鹿島アントラーズ
現時点で2位との勝ち点差が9まで広がり、
明日試合のガンバにプレッシャーをかけられたのかなぁ?
まあ、相手が甲府だから勝つものと考えないといけませんね。
鹿島の今節の相手はリーグ戦でここのところ負けていない磐田のため、
試合は相性の良さがそのまま出て3−1と快勝でしたが、
ウチとの勝ち点差10は既にギリギリ状態ですから大丈夫でしょう。

一方下位の状況は次のとおりです。
    勝点 得失差 得点
14位 32 ー17 36 大分トリニータ
15位 29 ー22 38 サンフレッチェ広島
16位 27 ー17 19 大宮アルディージャ
17位 24 ー22 30 ヴァンフォーレ甲府(1試合未消化)
18位 11 ー45 17 横浜FC(降格決定)

横浜FCのJ2降格が決定。昨シーズンJ2で優勝したものの、
入れ替え戦で昇格した神戸に0−3の完敗での降格決定でした。
確か、降格のピンチということで新監督を迎えたものの7連敗。
フロントも責任を取らなければならないのでは?

J2第46節上位の暫定順位です。
   勝点 得失差 得点
1位 81 +19 60 コンサドーレ札幌    残り5試合
2位 77 +29 78 東京ヴェルディ1969 残り6試合(今節@山形)
3位 73 +16 64 ベガルタ仙台      残り6試合(今節vsC大阪)
4位 72 +18 69 京都サンガF.C.   残り7試合(今節@徳島)
5位 69 +10 58 セレッソ大阪      残り7試合(今節@仙台)
6位 65 +15 62 湘南ベルマーレ     残り6試合(今節試合なし)
7位 64 +19 70 アビスパ福岡      残り6試合
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:27 | comments(0) | trackbacks(32) |
五輪予選 対カタール@ドーハ
レッズの細貝がスタメンフル出場だったので、
最後まで試合を見ていましたが、結果は1−2で敗戦と残念でした。
ただ、テレビの中継が何度もドーハの悲劇などというから、
その通りになったんじゃないの?

第4戦目を終えての順位は次の通りです。
  勝点 点差 得点
1  7 +1  4 カタール
2  7 +1  3 日本
3  5 +1  3 サウジアラビア
4  2 ー3  2 ベトナム
残り2戦がアウェイのベトナム戦とホームのサウジアラビア戦になりますが、
1位になる可能性は残されていますが、2連勝に加え大量得点が必要になりますね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:20 | comments(0) | trackbacks(42) |
代表 エジプト戦
オシム監督はレッズの過密日程を考慮するといいながら、
足に不安を抱える闘莉王と達也の招集を見送ったものの、
レッズからは阿部、坪井、啓太が選出されていました。
そして、阿部と啓太がスタメンで、阿部はフル出場でした。

双方ともに主力抜きだったのだから、あまり意味のない試合だったですね。
大久保と前田が代表初ゴールを記録したというのは意味があるのかもしれませんが、
レッズにとっては、何も関係ないですからねぇ・・・

それより、これから深夜に開催される五輪代表戦の方が気になります。
細貝は出番があるのかな?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:25 | comments(0) | trackbacks(9) |
来シーズンの相手は?
J2第45節終了時の上位の順位です。
   勝点 得失差 得点
1位 78 +18 58 コンサドーレ札幌    残り6試合(次節@福岡)
2位 77 +29 78 東京ヴェルディ1969 残り6試合(次節@山形)
3位 73 +16 64 ベガルタ仙台      残り6試合(次節vsC大阪)
4位 72 +18 69 京都サンガF.C.   残り7試合(次節@徳島)
5位 69 +10 58 セレッソ大阪      残り7試合(次節@仙台)
6位 65 +15 62 湘南ベルマーレ     残り6試合(次節試合なし)
7位 64 +20 70 アビスパ福岡      残り7試合(次節vs札幌)
京都は勝てるゲームを引き分けに持ち込まれてしまい、
消化試合数が1つ少ないとはいえ昇格圏外に陥落、
逆にセレッソは勝ち点1を加え、とりあえず昇格レースに生き残った感じですね。
京都は監督を変えましたが、意味があったのかな?
かえたことで選手が逆に不安に陥ってしまったのではないのかな?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
10月18日代表戦
レッズからは、坪井、阿部、啓太の3人が代表に選出されました。
闘莉王、達也の2人は招集されませんでしたが、
これで、先の3人は、
17日 エジプト戦 @長居スタジアム
20日 ジェフユナイテッド千葉戦 @フクダ電子アリーナ
24日 城南一和戦 @埼玉スタジアム2002
28日 名古屋グランパスエイト戦 @埼玉スタジアム2002
と12日間で4試合をこなさなければなりません。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(5) |
レッズ戦の無い土曜開催
ナビスコ準決勝第2戦
(ホーム)川崎4−2横浜M
2戦合計で、川崎6−3横浜Mで川崎が決勝進出。
横浜が先制した時には面白くなるかと思いましたが、
すぐに川崎が逆転して、そのまま逃げ切りました。
(ホーム)鹿島3−2G大阪
こちらは2戦合計で、鹿島3−3G大阪となりましたが、
アウェーゴールの差でG大阪が決勝進出。
これで、どちらが勝手もナビスコ初制覇になります。
まあ、レッズとは関係ないのでどちらが勝っても構わないのですが・・・

本日はJ2も開催されていましたので45節暫定の上位の順位を載せます。
(本日は3試合、明日も3試合)
   勝点 得失差 得点
1位 78 +18 58 コンサドーレ札幌    残り6試合(次節@福岡)
2位 77 +29 78 東京ヴェルディ1969 残り6試合(次節@山形)
3位 73 +16 64 ベガルタ仙台      残り6試合(次節vsC大阪)
4位 71 +18 67 京都サンガF.C.   残り8試合(今節vsC大阪)
5位 68 +10 56 セレッソ大阪      残り8試合(今節@京都)
6位 65 +15 62 湘南ベルマーレ     残り6試合(次節試合なし)
7位 64 +20 70 アビスパ福岡      残り7試合(今節試合なし)
本日試合を行った上位チームは順当に勝ち点3を加えました。
京都は明日の試合がセレッソ相手ですから、
勝てばセレッソを突き放せますが、負けるとますます混沌としてきますね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:52 | comments(0) | trackbacks(11) |
浦和レッズマガジン2007年11月号(通算20号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 11月号 [雑誌]

Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 11月号 [雑誌]

今月の浦和レッズマガジンはACL準決勝2戦目を占うというように、
新しい栄冠を目指す記事と、連覇を目指す記事と、
まずは内外の2冠をプッシュしています。

Amazon.co.jpでのご購入は、こちらをご覧ください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:19 | comments(0) | trackbacks(9) |
天皇杯4回戦組み合わせ
      ガンバ大阪−モンテディオ山形
ジェフユナイテッド千葉−大分トリニータ
    清水エスパルス−明大
    横浜Fマリノス−佐川急便SC
  アルビレックス新潟−サガン鳥栖
       FC東京−TDK SC
     ジュビロ磐田−順大
  サンフレッチェ広島−湘南ベルマーレ
      浦和レッズ−愛媛FC
  大宮アルディージャ−横浜FC
   川崎フロンターレ−セレッソ大阪
    ヴィッセル神戸−アビスパ福岡
   鹿島アントラーズ−水戸ホーリーホック
  ヴァンフォーレ甲府−徳島ヴォルティス
      柏レイソル−HondaFC
名古屋グランパスエイト−ザスパ草津

本日決まった組み合わせによると、浦和レッズの4回戦の相手は、
J2で現在10位の愛媛FCになりました。
昨年みたいに怪我をさせられる心配のある低レベルな相手ではありませんが、
油断ならない相手なので、慎重に戦いたいところですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:09 | comments(0) | trackbacks(8) |
レッズ戦の無い水曜開催
ナビスコ準決勝第1戦
(ホーム)横浜M1−2川崎
負けた横浜Mは2点以上取って勝つしかありませんから、
川崎がかなり有利になりましたね。
(ホーム)G大阪1−0鹿島
こちらはまだまだ分からない状況ですね。


本日はJ2も開催されていましたので44節終了時の上位の順位を載せます。
   勝点 得失差 得点
1位 75 +17 57 コンサドーレ札幌    残り7試合
2位 74 +26 75 東京ヴェルディ1969 残り7試合
3位 71 +18 67 京都サンガF.C.   残り8試合
4位 70 +13 61 ベガルタ仙台      残り7試合
5位 68 +10 56 セレッソ大阪      残り8試合
6位 65 +18 62 湘南ベルマーレ     残り7試合
7位 64 +20 70 アビスパ福岡      残り7試合
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:23 | comments(0) | trackbacks(5) |
天皇杯展望
レッズの天皇杯初戦の相手は3回戦勝ち上がりチームということで、
抽選後に確定しますが、3回戦勝ち上がりチームは、
J2の湘南、山形、徳島、愛媛、福岡、鳥栖、水戸、C大阪、草津
JFLの佐川急便SC
県代表のTDKSC(秋田)、順天堂大学(千葉)、埼玉SC、明治大学(東京)
の合計14チームです。
いきなりJ2は強敵なのですが、昨年のことを考えると、
県代表と試合をして怪我をさせられる方が怖いかな?

4回戦は11月4日ですが、ACLの決勝に進出した場合には、11月28日になります。
5回戦は大宮ー横浜FCの勝者
準々決勝対戦の山には川崎、神戸が、
準決勝の山には鹿島、甲府、柏、名古屋がいます。

ところで、昨日敗退したJ2の4チームは、
札 幌 1−1 TDKSC(秋田)
 (PK9−10)
東京V 0−1 埼玉 SC(埼玉)
京 都 0−1 明治 大学(東京)
仙 台 1−2 順天堂大学(千葉)
なのですが、このチームが揃ってJ2の4強というのは、
何らかの意図が働いていると勘ぐられても仕方ない結果ですよね。

43節終了時のJ2上位の順位
   勝点 得失差 得点
1位 75 +18 57 コンサドーレ札幌
2位 71 +23 72 東京ヴェルディ1969
3位 70 +18 66 京都サンガF.C.(1試合未消化)
4位 69 +13 60 ベガルタ仙台
5位 65 +09 55 セレッソ大阪(1試合未消化)

ここから残り8〜9試合控えている展開では、
天皇杯の1試合がやはり大変ということなのでしょうか?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 12:22 | comments(0) | trackbacks(42) |
浦和レッズ応援サークル報告書(13)
2007年10月7日15時03分キックオフ@駒場スタジアム(観客18,511人)
浦和レッズ2−1大分トリニータ
浦和:ワシントン(4分、68分)
大分:藤田(60分)

今日の試合を見ていて一番感じたことは、
聖地駒場とはいえ、もういいんじゃないのかな?
グラウンドの凸凹を気にするようなサッカーは見たくないよ。
クラブが大きくなり、ステップアップの時期に来ているのだから、
スタジアムに関してもステップアップする時期じゃないのかな?
確かに地元に助けてもらったということもあるのだろうけど、
お返しの方法は試合だけではないと思います。

   勝点 得失差 得点
1位 64 +27 50 浦和レッドダイヤモンズ
2位 58 +29 59 ガンバ大阪
3位 54 +13 46 鹿島アントラーズ
残り6試合ですから残り試合数×2が逆転可能性の数字とすると、
勝ち点差が12までが優勝争いの範囲と考えるとこの3チームでしょうね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:53 | comments(0) | trackbacks(30) |
第27節暫定順位
   勝点 得失差 得点
1位 61 +26 48 浦和レッドダイヤモンズ(1試合未消化)
2位 58 +29 59 ガンバ大阪
3位 54 +13 46 鹿島アントラーズ
4位 50 +14 43 清水エスパルス
ガンバ大阪が柏に先制されながらも、粘り強く逆転勝ち。
しかし、バレーの怪我の状態によっては今後大幅な戦力ダウンは否めませんね。
残り6試合ですから残り試合数×2が逆転可能性の数字とすると、
勝ち点差が12までが優勝争いの範囲と考えるとこの4チームかな?
(ただ、レッズが日曜に勝つからエスパルスも脱落でしょうね)
ちなみに8位以下の優勝可能性はなくなりました。
(あまり意味のない情報ですが、7位以上の残留も確定しました)


一方、下位の状況は、

    勝点 得失差 得点
14位 29 ー17 33 大分トリニータ(1試合未消化)
15位 29 ー21 38 サンフレッチェ広島
16位 24 ー22 30 ヴァンフォーレ甲府
17位 24 ー18 18 大宮アルディージャ
18位 11 ー41 17 横浜FC(1試合未消化)
本日試合のあった降格圏の3チームが揃って0−1負け。
横浜FCの今節での降格決定はなくなりましたが、
いわゆる降格マジック2状態は変わらずですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(15) |
盛岡のレッズサポへ(10月24日城南一和戦について)
昨晩10月3日には大通りにある「オールスポーツカフェ&レストラン グラツィエ」にて、
AFCチャンピオンズリーグ準決勝第1戦の城南一和対浦和戦の観戦を行い、
7名のレッズサポが集合しました。
(前回私が参加した時の3名から7名に倍増以上です)

さて、10月24日にはホームで城南一和戦がありますが、
盛岡からの参加は難しいという方も多いでしょうから、
小さいながらもだんだんPV化してきましたし、
お店を巻き込んでリトル浦和化してきた「グラツィエ」に、
皆さんも参加しませんか?
参加者のほとんどが初対面状態でも、
目的は皆レッズを応援することですから直ぐに仲良くなれますよ。
気が向いたら気軽に参加してみてはいかがでしょうか?
店内に入れば、この人たちだとわかりますから大丈夫ですよ。

Grazie(グラツィエ)
盛岡市大通3−1−23クリエイトビルB1(ガストがあるビルの地下)
電話019−625−3633
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 05:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(12)
2007年10月3日19時00分キックオフ@城南炭川総合運動場
浦和レッズ2−2城南一和
浦和:田中達也(52分)、ポンテ(65分)PK
城南:モタ(10分)、キム・ドヒョン(81分)

開始10分にミスから失点をしましたが、後半に一時はリードする展開。
しかし、残り10分で同点にされてしまいました。
ただ、アウェイで2得点してのドローということは、
ホームで1−1のドローまではOKということですから、
最低限の結果を残したといえるでしょうね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:53 | comments(0) | trackbacks(3) |
盛岡のレッズサポへ(3日城南一和戦について)
9月19日には大通りにある「オールスポーツカフェ&レストラン グラツィエ」にて、
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦の浦和対全北現代戦の観戦を行い、
わずか3名ですがレッズサポが集合しました。
私は参加しませんでしたが、26日に実施されるの準々決勝第2戦も集合したようです。

さて、10月3日には城南一和戦があります。
参加者のほとんどが初対面状態ですから、
気が向いたら気軽に参加してみてはいかがでしょうか?
店内に入れば、この人だとわかりますから大丈夫ですよ。

Grazie(グラツィエ)
盛岡市大通3−1−23クリエイトビルB1(ガストがあるビルの地下)
電話019−625−3633
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(11)
2007年9月30日15時34分キックオフ@埼玉スタジアム(観客47,755人)
浦和レッズ1−0アルビレックス新潟
浦和:ポンテ(87分)

なかなか点の取れない嫌な展開でしたが、
最後にはキッチリと勝ち点3を奪い、2位との勝ち点差6をキープ。
(昨日のガンバよりは余裕があったかな?)
それにしても、ロビーはすごいね。
彼のようなプレイヤーがウチにいてくれることに感謝。
一緒に世界にまで行きたいですね。

   勝点 得失差 得点
1位 61 +26 48 浦和レッドダイヤモンズ
2位 55 +28 57 ガンバ大阪
3位 51 +12 43 鹿島アントラーズ
4位 47 +11 40 清水エスパルス
残り7試合ですから残り試合数×2が逆転可能性の数字とすると、
勝ち点差が14までが優勝争いの範囲と考えるとこの4チームでしょうね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:30 | comments(1) | trackbacks(18) |
第27節暫定順位
   勝点 得失差 得点
1位 58 +25 47 浦和レッドダイヤモンズ(1試合未消化)
2位 55 +28 57 ガンバ大阪
3位 48 +11 42 鹿島アントラーズ(1試合未消化)
4位 47 +11 40 清水エスパルス
5位 46 +15 37 柏レイソル
残り7試合ですから残り試合数×2が逆転可能性の数字とすると、
勝ち点差が14までが優勝争いの範囲と考えるとこの5チームかな?
(明日レッズが勝てば4位エスパルスまでに絞られるますね)


一方、下位の状況は、

    勝点 得失差 得点
14位 29 ー17 33 大分トリニータ
15位 29 ー19 38 サンフレッチェ広島(1試合未消化)
16位 24 ー21 29 ヴァンフォーレ甲府(1試合未消化)
17位 24 ー21 18 大宮アルディージャ
18位 11 ー41 17 横浜FC
横浜FCは次節にも降格が決まるみたいですね。
先ほどの数式にあてはめるならば、ほぼ不可能でしょう。
入れ替え戦までの13にしても、次節の結果でほぼ絶望になるのではないでしょうか。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:56 | comments(0) | trackbacks(18) |
浦和レッズ応援サークル報告書(10)
2007年9月26日19時00分キックオフ@全州ワールドカップスタジアム
浦和レッズ2−0全北現代モータース
浦和:田中達也(3分)、オウンゴール(65分)

開始早々に達也の得点で試合を有利に運べる展開になった上に、
チョン・ギョンホがつまらない抗議とシミュレーションのイエロー2枚で退場。
数的にも有利になり、後は怪我が怖い展開になりました。

後半にはコーナーキックからオウンゴールを誘発し2−0となり、
相手が勝つためには4点が必要となったことからイライラは増したものの、
数的不利を覆すほどの力もなく、結局そのまま終了。
試合終了後にはキム・ジェヨンが審判に侮辱行為を働いたのかレッドカード。
負けた試合後にくだらないことを行った感じですね。

さて、これで来週の水曜日に準決勝第1戦があります。
対戦相手は深夜3時キックオフの城南一和ーアル・カラマの勝者との対戦です。
第1戦は城南一和がホームで2−1の勝利しており、
ウチと同じ状況でアウェイ(シリア)に乗り込みますが、結果はいかに?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
盛岡のレッズサポへ
19日には大通りにある「オールスポーツカフェ&レストラン グラツィエ」にて、
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦の浦和対全北現代戦の観戦を行い、
わずか3名ですがレッズサポが集合しました。

来週9月26日に実施されるの準々決勝第2戦も集合予定です。
参加者のほとんどが初対面状態ですから、
気が向いたら気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

Grazie(グラツィエ)
盛岡市大通3−1−23クリエイトビルB1(ガストがあるビルの地下)
電話019−625−3633
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:08 | comments(0) | trackbacks(5) |
第26節終了順位
   勝点 得失差 得点
1位 58 +25 47 浦和レッドダイヤモンズ
2位 52 +27 56 ガンバ大阪
3位 48 +11 42 鹿島アントラーズ
4位 47 +12 40 清水エスパルス
5位 46 +17 37 柏レイソル
残り8試合ですから残り試合数×2が逆転可能性の数字とすると、
勝ち点差が16までが優勝争いの範囲かな?


一方、下位の状況は、

    勝点 得失差 得点
14位 29 ー16 33 大分トリニータ
15位 29 ー19 38 サンフレッチェ広島
16位 24 ー21 29 ヴァンフォーレ甲府
17位 21 ー19 16 大宮アルディージャ
18位 11 ー38 17 横浜FC
この4節で勝ち点のない横浜FCは降格圏脱出までの勝ち点差18ですから、
先ほどの数式にあてはめるならば、ほぼ不可能でしょう。
入れ替え戦までの13にしても、次節の結果でほぼ絶望になるのではないでしょうか。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:17 | comments(0) | trackbacks(17) |
浦和レッズ応援サークル報告書(9)
2007年9月22日19時04分キックオフ@日産スタジアム(観客48,166人)
浦和レッズ1−0横浜F・マリノス
浦和:永井(65分)

ここまで、得点46失点22が同じ2チームながら、
勝ち点では55と42と大きな差があったので、
その差が出るだろうと期待していた通りの結果になりました。
(ウチにはない下位に大量得点試合があっただけだしね)

山瀬功が出場停止でもマルケスが好調だったため前半はマリノスペースでした。
ただ、それでも相手に得点の匂いがしなかったですね。

後半に入ると、レッズがペースをつかみ出し、
相手の足が止まった後半20分に永井がゴール。
(BSの解説の木村和司氏がレッズに得点の雰囲気があると言った直後でした)

後半30分には清水が2枚目のイエローカードで退場。
数的優位になった上に達也のカウンター狙いになったため、
攻められていた割にピンチを感じないまま試合終了し、
きっちり勝ち点3を積み上げました。

さあ、これで水曜のACLに気持ちよく臨めますね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦和レッズ応援サークル報告書(8)
2007年9月19日19時30分キックオフ@埼玉スタジアム2002(観客33,103人)
浦和レッズ2−1全北現代
浦和:長谷部(3分)、田中達(58分)
全北:チェ ジンチョル(89分)

ワシントンは累積による出場停止も、阿部が復帰して迎えた準々決勝第1戦、
開始早々に長谷部のゴールで先制したものの、
その後の追加点のチャンスを後一歩で逃す、いつもの悪い展開に・・・

しかし、後半に入り達也のゴールで2点差になると、
相手の後ろが空き、チャンスが拡大したように見えましたが、
3点目は取れないまま、終了が近づいたのに、
結局、全北に1点を奪われるという、残念な結果に終わりました。

ただ、この失点をマイナスに考えるのではなく、
次戦は最後まで気が抜けない展開になると前向きに考えたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:49 | comments(0) | trackbacks(3) |
ALL COME TOGETHER!
全ての力、全ての情熱
全ての誇り


掴もうアジア

本日からAFCアジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメントです。
まだ、チケットの残券がかなりあるようです。
悔いを残さないためにも、お近くのレッズサポは是非参戦してください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
第25節終了時順位
   勝点 得失差 得点
1位 55 +24 46 浦和レッドダイヤモンズ
2位 51 +27 55 ガンバ大阪
3位 47 +14 40 清水エスパルス
4位 45 +09 39 鹿島アントラーズ
5位 43 +13 33 柏レイソル
6位 42 +24 46 横浜F・マリノス
7位 41 +04 38 アルビレックス新潟
残り9試合となり、J1の優勝争いはここまでかな?
大量得点もあり勝ち数につながっていないものの、
横浜F・マリノスの得失点差からすると、やはり脅威。
レッズは次節対戦しますが、警戒したいところですね。


一方、下位の状況は、

    勝点 得失差 得点
13位 29 ー03 38 ヴィッセル神戸
14位 29 ー18 37 サンフレッチェ広島
15位 26 ー18 31 大分トリニータ
16位 21 ー18 16 大宮アルディージャ
17位 21 ー22 27 ヴァンフォーレ甲府
18位 11 ー36 17 横浜FC
この3節で勝ち点のない横浜FCの最下位・降格がほぼ確定かな?
同じくこの3節勝ち点のないヴァンフォーレ甲府も降格圏に突入。
数字で見ると大分と大宮の間に差が開きつつありますが、
最近調子のあがらない神戸と広島の方が危ない気もします。
いずれにせよ、降格争いは現在勝ち点30未満の6チームが中心でしょうね。


なお、J2は第40節が終了し、上位は次の通りです。

   勝点 得失差 得点
1位 72 +22 53 コンサドーレ札幌
2位 69 +19 63 京都サンガF.C.
3位 65 +13 58 ベガルタ仙台
4位 62 +17 63 東京ヴェルディ1969
5位 61 +07 51 セレッソ大阪
6位 57 +13 52 湘南ベルマーレ
7位 56 +18 61 アビスパ福岡
8位 54 ー04 46 サガン鳥栖(1試合未消化)
札幌に京都が1ゲーム差に接近してきたので、
優勝争いが混沌としてきました。
また、入れ替え戦の3位争いもまだまだ目が離せない展開ですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:19 | comments(0) | trackbacks(5) |
浦和レッズ応援サークル報告書(7)
2007年9月15日14時05分キックオフ@広島ビッグアーチ(観客22,675人)
浦和レッズ4−2サンフレッチェ広島
浦和:田中達(12分)、長谷部(23分)、永井(37分)、ワシントン(84分)
広島:ウェズレイ(40分)、森崎浩(82分)

2週間ぶりのリーグ戦、ここ8年負けのない広島が相手とはいえ、
しっかり勝ち点3を取れたのはよかったのですが、失点が気になりますね。

試合内容としては、ベンチスタートのワシントンを意識してか、
FWが2人とも前半で得点をする幸先のいいスタートも、
ウェズレイの1点で相手に追い上げムードを与えて前半終了。
後半終了間際に1点差に追い上げられ嫌な展開も、
ワシントンの技ありゴールで2点差に。
しかし、佐藤寿人のシミュレーションのようなプレーでPKを与えましたが、
ウェズレイが外して2点差のまま試合終了。
(TBSのアナウンサー、入ったのを確認してからゴールといいましょう)

4位清水は順当に勝利も、3位鹿島が名古屋に0−3と完敗し順位が入れ替わりました。
明日のガンバはどうなるかわかりませんが、
一戦一戦大事に戦っていきたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:25 | comments(0) | trackbacks(28) |
@広島
スタメン
GK23 都築 龍太
DF 6 山田 暢久
DF 2 坪井 慶介
DF 4 田中 マルクス 闘莉王
DF20 堀之内 聖
MF13 鈴木 啓太
MF17 長谷部 誠
MF14 平川 忠亮
MF10 ポンテ
FW 9 永井 雄一郎
FW11 田中 達也
リザーブ
GK 1 山岸 範宏
DF 3 細貝 萌
DF 5 ネネ
MF 8 小野 伸二
MF16 相馬 崇人
MF19 内舘 秀樹
FW21 ワシントン
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 13:12 | comments(0) | trackbacks(74) |
五輪予選 対カタール
前半のリードをそのまま守って、1−0でタイムアップし、
とりあえず、ノルマであるホームでの勝ち点3をゲット。

本来ならば、もっと点差をつけておきたかったのですが、
退場者も出たので仕方がなかったでしょうか。

次のアウェーのカタール戦が最大のヤマ場になりますが、
勝てばほぼ出場権を手中に収められるでしょう。

それにしても、細貝の扱いには不満です。
無理に呼ぶくらいなら、レッズに返して!
(他チームと違ってレギュラー争いが厳しいのですから)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 23:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズマガジン2007年10月号(通算19号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 10月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 10月号 [雑誌]

来週に迫ったACL全北現代戦に向けたレッズマガジンの10月号が本日発売です。
まもなく終盤に入る国内リーグとは異なり、
まさに未知との遭遇ともいえるACLは、
ホーム&アウェーのノックアウトラウンドに突入。
レッズは韓国のチームとやるといつも遺恨の残るような乱戦になりますが、
カッカするのは彼らだけにまかせ、我らは冷静に戦いたいものですね。

本書のご購入は、こちらをご覧ください。

| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:41 | comments(0) | trackbacks(6) |
代表 スイス戦
前半15分までに、FKとPKで0−2とされる嫌な展開で、
大したチャンスも訪れないまま前半終了。

後半に入り、松井がエリア内で倒されPKでまず1点。
サイドからのFKから巻がヘッドを決めて同点。
さらにエリア内で巻が倒されPKから3点目。

しかし、スイスの猛攻のうちCKから同点にされロスタイム、
矢野が泥くさいと形容したいゴールで逆転勝利。
3大陸トーナメントもチリがオーストリアに勝ち、日本が勝ち点4で優勝。
海外のトーナメントで優勝というオマケまでつきました。

我らがレッズのメンバーが得点に直接絡むことはありませんでしたし、
セットプレーからとはいえ失点もあったため守備も・・・
とにかく疲れをとって土曜の試合に備えてください。

女子W杯は宮間の2つ目のFKがラストプレーで決まりイングランド相手にドロー。
勝って優位に進めたかったのですが、残り2戦も厳しい戦いが続きそうですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
レッズサポ御用達サイト その3
本日は、レッズサポのブログをチェックしてみましょう。

まずは、超零細ブログ SSRSのです。
毎日のように更新されており、なかなか面白いエントリーが多いです。
ただし、他チームの選手に対する悪辣な評価はちょっと嫌かな。
でも、審判に対する考察は他では見られない充実度です。
ちなみに、この方の過去のページの超零細浦和系サイト SSRSも、
いつまで存続するかわかりませんが、面白いですよ。
(お早めにどうぞ!)

フラッシュ作品が充実している、浦トロ道場blog
更新は少ないのですが、フラッシュ作品だけで満足です。
レッズへの愛情あふれる作品は感動すら覚えます。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:37 | comments(0) | trackbacks(105) |
レッズサポ御用達サイト その2
レッズの選手ブログをチェックしてみましょう。

まずは、レッズの選手で人気ナンバーワンブログ、
シェフこと相馬崇人のVida Del Futbol
とにかく、ここは各方面でも話題になっているくらいですからご存知でしょうが、
頻繁に更新されるので何度も巡回してしまいます。

同じアメブロの永井雄一郎のオフィシャルブログも有名でしょうか。
こちらも頻繁に更新されています。

他にもこんなブログもあります。
細貝萌「HAJI BLOG」
ワシントン「Blog do Washington」
岡野雅行【野人は死なない!!】
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:12 | comments(0) | trackbacks(3) |
レッズサポ御用達サイト その1
何はともあれ、浦和レッドダイヤモンズ公式サイトでしょう。
まずこちらがなければ、はじまりませんね。

それから、浦和レッズについて熱く語るには、
浦和レッズについて議論するページこと浦議ですね。

これら2つは、必見です。
ちなみに浦議には、浦議SNSが存在しますが、
こちらはmixiと同じで会員からの招待が必要です。
ただし、たまに管理人のかなめさんが招待してくれることがあるので、
浦議のメインの掲示板を見ているとチャンスがあるかもしれません。
(総長は当然会員ですので、オフラインで面識のあるレッズサポなら招待しますよ)
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 11:59 | comments(0) | trackbacks(12) |
DHCトップアスリートDVD 第1弾
9月3日に発売された第1弾に小野伸二が登場しています。
DHCのサイトで購入出来るようです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
3大陸大会
9月3日のエントリ−で、なぜ3大陸なのかと書きましたが、
日本との対戦はないものの、チリが参加するそうです。
この大会はユーロ2008のプレ大会らしく、
ホストのオーストリアとスイスによる招待試合のようで、
オーストリア対日本
オーストリア対チリ
スイス対日本
スイス対チリ
の各国が2試合ずつ試合を行い、
優勝を争う大会だそうで、
90分で決着がつかなかった場合には、
PK戦を行うそうです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本代表 オーストリア遠征
サンスポの速報によると、
本日、日本代表はオーストリアの3大陸大会に出場のため出発したようです。
ところで、対戦相手はオーストリアとスイスなのに、
3大陸というのはなぜなのでしょうか?

そうそう、浦和の阿部勇樹は腰痛のため代表離脱だそうです。
日本でしっかり休んで下さい。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
天皇杯岩手県大会観戦記
 天皇杯岩手県代表

FCガンジュ岩手




天皇杯岩手県大会決勝
FCガンジュ岩手3−0富士大学

2010年のJリーグ入りを目指すガンジュが、
開始早々にセットプレーから先制、
2−0から相手にPKを与えるもGKがセーブ。
後半にも1点を追加し3−0と完勝。

次は16日に埼玉県代表埼玉SCと盛岡南球技場での対戦です。
県勢初の天皇杯勝利を達成してもらいたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 15:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
追加招集
我が浦和田中達也も追加招集されましたが、
FW:巻(千葉)、矢野(新潟)、佐藤(広島)、MF:山瀬功(横浜M)
も招集されました。

今回の選出メンバーを見ると、オシムの考え方がわからないねぇ。
アジア杯を見る限り千葉の3人は、もういいんじゃないの?
国際試合で結果が出せないのはもちろん、Jリーグでも力を出せていないしねぇ。

また、神戸の大久保を選出しなかったのも理解出来ないし、
もう就任から1年たったのに、大丈夫なのかな?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 13:04 | comments(0) | trackbacks(45) |
浦和レッズ応援サークル報告書(6)
2007年9月1日18時03分キックオフ@埼玉スタジアム(観客49,810人)
浦和レッズ0−1大宮アルディージャ
大宮:森田浩史(60分)

駄目でしょ!!降格圏かつ主力が出場停止の大宮相手に完封負けとは・・・
これでガンバ次第で勝ち点差が1に迫ってしまいます。
しかも次節は阿部が出場停止。

1点を取りたい時に、控えのFWが小池だけという、
選手層が厚いチームながら、唯一の弱点ですね。
ピンチにワシントン頼りだったつけが出たような展開でした。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 19:58 | comments(0) | trackbacks(2) |
日本代表オーストリア遠征メンバー
DF田中マルクス闘莉王、MF鈴木啓太、MF阿部勇樹に加え、
DF坪井慶介も代表復帰で4名が選出されましたが、
今回の発表も2段階なのかFWが全然選ばれていませんでした。
ですから、FW田中達也が選出される可能性があるでしょう。
ただし、最近好調のMF平川忠亮の選出は見送られた感じですね。
アジア杯のメンバーを中心に選出したとのことですが、
個人的感想を述べさせてもらえば、HとYは選ばなくてもよかったのでは?
彼等が所属しているチームはJ1残留争い中といういわゆる負け犬ですから、
(別にマスコットに絡めたわけではないのですが・・・)
代表よりもクラブに専念すべきではないのでしょうか?

ところで、FW永井雄一郎も最近好調です。
あとは得点するという結果を続けていけば、代表復帰の可能性もあるはず、
是非、復帰するくらいの活躍をしてもらいたいものです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:09 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦議にて
レッズサポ御用達の浦議こと「浦和レッズについて議論する」http://www.uragi.com/
こちらのトップページに次のようなコメントがあります。

今週土曜日は、さいたまダービー大宮戦となります。
この一戦、ユニフォーム、マフラー、フラッグ、赤いモノを身につけ、
スタジアムをいつもより更に真っ赤に染めて、スタジアムを浦和で埋めましょう。

当日、埼玉スタジアムに参戦する方は是非実践して、
スタジアムを赤く染めあげてください。
GWのダービーは屈辱のドロー、今度はしっかり勝ち点3をとり、
彼等に引導を渡してあげましょう。

横浜の例に倣うなら、最後の埼玉ダービー」でしょうか。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(5)
2007年8月29日19時03分キックオフ
@神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(観客20,067人)
ヴィッセル神戸1−2浦和レッズ
浦和:田中達也(49分、74分)、神戸:栗原圭介(79分)
1点目の達也のゴールはスーパーゴールといえるシュートでした。
2−0まではいい展開だったのですが、またまた失点してしまいました。
そろそろ完封したいですね。
今日ツキがなかったのは永井というか榎本が当たっていたというか、
もう2〜3点入っていてもいい内容だったんだけどなぁ・・・

23節終了時点の上位の成績は次の通りです。
   勝点 得失差 得点
1位 52 +23 42 浦和レッドダイヤモンズ
2位 48 +26 51 ガンバ大阪
3位 42 +09 35 鹿島アントラーズ
4位 41 +11 37 清水エスパルス
5位 41 +06 37 アルビレックス新潟
6位 39 +23 44 横浜F・マリノス
7位 37 +11 30 柏レイソル
8位 35 +11 42 川崎フロンターレ
鹿島アントラーズがガンバ大阪に大敗し、勝ち点を伸ばせなかったため、
レッズとの差が10にまで広がりました。


一方、下位の状況は、
    勝点 得失差 得点
12位 26 ー08 33 FC東京
13位 26 ー17 33 サンフレッチェ広島
14位 25 ー04 33 ジェフユナイテッド千葉
15位 22 ー21 25 大分トリニータ
16位 21 ー17 26 ヴァンフォーレ甲府
17位 18 ー17 14 大宮アルディージャ
18位 11 ー32 16 横浜FC
今節の結果、大宮の優勝も完全に消滅しました。
このままじゃあJ1からも消滅(J2降格)するでしょうが・・・
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズイヤーDVD
浦和レッズイヤーDVD2005
浦和レッズイヤーDVD2005

最新版は2006年版ですが、アマゾンでは取り扱っていないみたいなので、
とりあえず、2005年版の紹介です。
この年は開幕後なかなか勝てなかったため、一時は最下位に沈んでいましたが、
最終節のハーフタイム時には首位に立ちましたが、
結局はガンバに勝ち点1及ばずの2位でした。
しかし、この年のレッズの快進撃はここから始まりました。
このシーズン限りでの解雇が決まっていた、マリッチ。
彼が天皇杯の全試合で得点を上げ、2006年の元旦に感動のフィナーレを迎えました。
試合後に1時間もスタンドからマリッチコールをし続けていたところ、
取材の終わったマリッチがスタンド前に戻って来てくれました。
翌日、彼は日本を離れましたが、朝の大原で多くのファンとのお別れをしました。
記録的にすごい選手はたくさんいますし、他にも記憶に残る選手もいました。
でも、現在戦っているACLは、彼が勝ち取ってくれたものです。
彼の期待に応えるためにも、アジアの頂点を取りたいものです。

本DVDの詳しい内容とご購入は、こちらをご覧ください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 00:28 | comments(0) | trackbacks(2) |
レッズ観戦者マニュアル
昨年のリーグ優勝が決定した12月2日のゲーム観戦者の、
720/62241(そのうちのレッズサポ限定)の調査結果からだそうです。

1.居住地
青森から兵庫まで分布だそうですが、私も北東北なので調査結果の範囲内です。
北海道や中国・四国・九州から見に行かれたレッズサポはいませんか?
当然ながら埼玉県内しかも競技場周辺の住人が多数のようです。

2.年齢
男:女=61.8:38.2ですから、約6:4だそうです。
そして、30代が38.1%、40代が27.0%、20代が17.7%、
50代が11.0%、19歳未満と60歳以上がそれぞれ3.1%。
私は30代男なので、一番多い世代・性別です。

3.職業
男性は専門職、技術職、管理職で47.2%、
女性は主婦、事務職、専門職の順だそうです。
また、学歴は院卒が3.0%、大学卒が48.3%ということで、
欧州のサッカーファンは労働者階級中心というのとは異なるそうです。

4.浦和レッズに費やした年間費用
チケット・グッズ購入の平均額が89,300円、
遠征費用の平均額が96,000円だそうですが、
私の交通費はかなり超過しています・・・

5.埼玉スタジアムへのアクセス(交通)
近くまで乗用車が38.9%だそうで、
浦和美園まで電車、その後徒歩が38.6%
自転車は5.6%もいるそうです。
所要時間は31〜60分が38.3%、61〜90分が23.0%、
120分以上が9.6%、平均所要時間は61分。
盛岡からなら間違いなく3時間以上かかります。

6.アクセス(交通)の満足度と改善点
満足が36.1%、不満が45.3%

改善点は埼玉高速鉄道の延伸が45.1%
駐車場の拡大42.7%、道路の渋滞緩和が36.7%だそうです。

私も不満ですよ。
埼玉高速鉄道から南北線まで全て各駅停車というのは時間がかかり過ぎます。

7.ファン・サポーターになった時期
Jリーグ発足直後が44.3%、2003〜05年が16.7%、
Jリーグ発足以前が16.0%の順だそうです。

私はスタジアム観戦をしてサポーターになったとするなら、
J2に降格後からになります。

8.浦和レッズが好きな理由
スタジアムの雰囲気が良い52.1%
地域に密着している43.6%
好きな選手がいる43.0%
ゴール裏のサポーターが魅力40.6%
出身地・地元のチーム40.2%
サポーターを大切にしている35.6%
チームの戦うスタイルが良い29.9%
などが上位だそうです。

私は今じゃ、理由などないなぁ。応援することが自然になっている気がします。

9.浦和レッズへの期待
チームが日本1になる58.2%
良い選手を育てる57.1%
チームがアジア1になる49.3%
がトップ3だそうです。

私は世界1になるなのですが、回答になかったなぁ・・・

10.好きな選手がいなくなったら?
観戦を続ける87.9%
これまでよりは観戦回数を減らす3.2%
浦和レッズの観戦はやめる0.8%
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:29 | comments(0) | trackbacks(4) |
第22節終了時順位
   勝点 得失差 得点
1位 49 +22 40 浦和レッドダイヤモンズ
2位 45 +22 46 ガンバ大阪
3位 42 +13 34 鹿島アントラーズ
4位 38 +10 36 清水エスパルス
5位 38 +05 36 アルビレックス新潟
6位 36 +20 40 横浜F・マリノス
7位 36 +11 29 柏レイソル
8位 34 +11 41 川崎フロンターレ
残り12試合あるとはいえ、J1の優勝争いは6敗のここまでかな?
9位に勝ち点34でジュビロ磐田がいるけど、ここは既に10敗ですから、
ちょっと無理でしょう。

一方、下位の状況は、

    勝点 得失差 得点
13位 23 ー13 28 FC東京
14位 22 ー10 27 ジェフユナイテッド千葉
15位 22 ー15 25 大分トリニータ
16位 21 ー16 26 ヴァンフォーレ甲府
17位 17 ー17 14 大宮アルディージャ
18位 11 ー32 16 横浜FC
今のままじゃ、横浜FCの最下位・降格がほぼ確定で大宮も降格濃厚。
入れ替え戦枠を4チームが争うとい状況でしょうか。

来シーズンのアウェイでの観戦のことを考えると、
降格は大分と広島、昇格は札幌と仙台というのが希望なのですがどうなるでしょうか?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜ、浦和レッズだけが世界に認められるのか
なぜ、浦和レッズだけが世界に認められるのか
なぜ、浦和レッズだけが世界に認められるのか

昨晩のレッズの勝利とガンバの不覚(フロンターレの意地)のおかげで、
2位との勝ち点差が4に広がりました。

さて、本日紹介する本は、
かつて選手としてそしてスタッフとしてレッズにいた、西野努さんの著書です。
最近、世界のビッグクラブ入りと言われるようになり、
チームの観客動員数や収入規模からそれを証明する形になっています。
ただ、レッズサポ/ファンに買わせるためには賞賛本でなければならないのでしょうが、
本当に世界に認められるために必要なことを書かれればもっといいのですが・・・

ただ、気分が良くなりたい方にはお薦めです。

本書の詳しい内容とご購入は、こちらをご覧ください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
浦和レッズ応援サークル報告書(4)
2007年8月25日19時04分キックオフ@埼玉スタジアム(観客46、951人)
浦和レッズ3−2FC東京
浦和:田中達也(36分)、堀之内聖(39分)、ポンテ(60分)
甲府:赤嶺真吾(32分)、今野泰幸(69分)
相手に先制される嫌な展開も、達也のゴールで同点にし、堀之内の積極的なプレーで逆転。
後半開始後にポンテのゴールで2点差にするも、
セットプレーから今野に押し込まれ1点差。
その後は押され気味の展開だし、相手のラフプレーでケガ人が出た模様。
水曜日にまで回復できるか心配です。

今節はガンバがフロンターレに1−4と完敗、しかもマグノが離脱。
勝ち点差が4ととりあえずセーフティーなゲーム差に。
ここからの対戦相手を考えても、ウチが取りこぼさなければ、
2位以下にゲーム差をつけるチャンスです。
さあ、今晩のスポーツニュースが楽しみだ。

それにしても、横浜FCは侮れないね。
結局負けてしまったものの、一時は鹿島に追いつくなんて、
上手くかみ合ったら怖いチームです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:07 | comments(0) | trackbacks(7) |
Jリーグチップス第2弾
今回のレッズメンバーがプリントされているカードは合計12枚で内訳は、
レギュラーカードには坪井、闘莉王、ネネ、山田暢久、長谷部、阿部、都築、岡野の8枚、
チェックリストカードには達也の1枚、日本代表カードには坪井、阿部、啓太の3枚。

本日購入した5袋10枚のうち、岡野1枚だけが出てきました。

エニウトン(大宮)、ストヤノフ(千葉)、ワンチョペ(東京)は既に退団、
鈴木慎吾(新潟)はレンタル移籍のカードなので、もしかしたら貴重なカードかな?
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 17:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
サッカー日本代表
昨晩は3世代の日本代表の試合が組まれ、
各チームにレッズから選手が出場していました。

A代表のカメルーン戦には闘莉王、阿部、啓太、達也の4人は先発出場し、
闘莉王が先制のヘッドを決め、2−0とホームとはいえ格上相手に勝利しました。
啓太が削られていたようで、途中交代しましたが大丈夫だったのかなぁ?

五輪代表のベトナム戦には細貝が先発出場。
得点に絡むことはありませんでしたが、1−0と辛勝ながらも貴重な勝ち点3をゲット。

U−17のナイジェリア戦にはユースの山田が先発出場。
試合は0−3と完敗したため、決勝トーナメント進出は、
グループリーグ最終戦のフランス戦次第となりました。

さあ、週末にはホームでのFC東京戦です。
今回もしっかり勝ち点3を獲得して、着実に首位固めをしたいところです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 04:57 | comments(1) | trackbacks(2) |
浦和レッズマガジン2007年8月号(通算17号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 08月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 08月号 [雑誌]
今回はバックナンバーの紹介になりますが、現在でも入手可能です。
なぜ、本誌を取り上げたかといえば、田中達也の特集号だからです。

今晩、大分でカメルーン代表(FIFAランク15位)との試合がありますが、
その試合に我らが田中達也がメンバーとして選出されています。
日本はランク36位ですから、格上との対戦ですので、
リーグ戦と同じような活躍ができるかはわかりませんが、
現状、停滞気味の日本代表にカツを入れて欲しいですね。

また、もう一人の田中こと闘莉王の代表復帰にも期待。
ただ、阿部には故障の疑いがあるらしいから無理して欲しくないなぁ・・・
予想スタメンには名前が連なっているけど、ホントに出るの?
当然ながら、鉄人啓太もスタメン候補に連なってましたよ。

本書の詳しい内容は、こちらをご覧下さい。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:43 | comments(0) | trackbacks(2) |
浦和レッズマガジン2007年9月号(通算18号)
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 09月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2007年 09月号 [雑誌]


第20節のガンバ大阪との首位決戦を1−0で制し、
第21節のヴァンフォーレ甲府戦を4−1で下したところ、
首位のガンバ大阪が最下位の横浜FC相手にまさかのドローで、
4月15日以来の首位返り咲きを果たしました。
今月の浦和レッズマガジンは、左サイドを振り返る特集で、
表紙はここ2戦スタメン落ちながら期待の左サイドのスペシャリスト相馬崇人。
(同日発売のJ’sサッカー9月号でも突破男として表紙です)
おまけにnikefootball.comのポスター付き。

本書の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(3)
2007年8月18日18時34分キックオフ@国立競技場(観客36、756人)
ヴァンフォーレ甲府1−4浦和レッズ
浦和:田中達也(6分、62分)、永井雄一郎(39分)、鈴木啓太(41分)

甲府:石原克哉(46分)


本日のゲームも前半に6分に達也のゴールで先制し、
直後に決定機があったにもかかわらず追加点が奪えないという、
ちょっといやな展開でしたが、
39分に永井、41分には啓太の今季初ゴールで3−0とリード。
安心して後半を迎えたものの、開始早々に1失点・・・
嫌な雰囲気でしたが、62分に達也が本日2ゴール目で4−1となり、
そのまま終了し、勝ち点3をゲットしました。
決定機を外したり、つまらないミスがありましたが、
久しぶりの大量得点はよかったと思います。
そして、左サイドで頑張り2アシストの平川の活躍がよかったですね。
疑問なのは、そして勿体なかったのはポンテの警告。
あの時、確かにオフサイドでしたが、スタンドではホイッスルが聞こえませんでした。

30分後、ガンバが最下位の横浜FCと引き分けたため、
我らが浦和レッズが勝ち点差はわずか1ながら、ようやく首位に返り咲きました。
これからも取りこぼすことなく戦っていきたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(2)
終戦記念日の昨日の一戦は負ければ勝ち点差が7になり、
リーグ戦の終戦記念日になりかねない大一番、
戦前の予想通りに敵の攻撃力とウチの守備力の戦いで、
何度も決定的なピンチを迎えましたが、

彼を含めて守備陣の活躍で敵を完封し、
正月の天皇杯の再現のように永井のゴールで1−0の勝利でした。
これでガンバとの勝ち点差は1に接近し、
リーグ戦はまたまた混戦になってきました。
それにしても、3位の鹿島が気になります。
ジワリジワリと勝ち点を伸ばしてきており、不気味な存在ですね。
イタリアでは活躍できなかったものの、
Jリーグではその力を発揮する小笠原の復帰によって、
チームが息を吹き返した感じがします。
ウチとの試合は第33節のホーム最終戦。
そこまでもつれていると強敵ですから、
現在の勝ち点差7を縮められないように戦っていきたいですね。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
決戦!!
本日はリーグ戦のヤマ場、ガンバ大阪@万博です。
残念ながら地上波での中継はありませんし、
大阪開催のため、会場に駆けつけることができませんが、
是非とも勝ち点3を奪い、首位に肉薄したいところです。

写真のメンバーは特に代表に呼ばれる可能性もあり、
高いモチベーションでガンバを撃破してもらいたいものです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
サッカー日本代表
本日発表された日本代表に浦和レッズからは、
DF田中マルクス闘莉王

MF阿部勇樹

MF鈴木啓太

の3名が選出されました。
今月は連戦が続くのでフル稼働の彼らには大変でしょうが、
怪我なく無事に戻って来てもらいたいものです。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
浦和レッズ応援サークル報告書(1)

本体が創設される前にサークルも創設準備がされるのは変かもしれませんが、
と昨日も書きましたが、本日もいきなり課外活動の報告です。

ホームゲームにもかかわらず、残念ながら1−1のドローでした。
アジアカップで中断する前は4試合連続で完封するなど堅守を誇っていたのですが、
再開後は2試合とも失点しています。
しかも、主力に疲れが蓄積しつつあるのが心配です。

中でも攻守の要である啓太が元気なかったのが心配です。
| 強記総長 | 課外活動(レッズ応援C) | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ RECOMMEND
医事法入門 (有斐閣アルマ)
医事法入門 (有斐閣アルマ)

数ある医事法の書籍の中でも、入門書としては一番読みやすく、法学系の学部や院の初学者向けであると同時に、医学部をはじめとした医療系の学校で学ぶ学生にも読みやすい構成です。
また、学生時代に医事法と縁のなかった現役の医療関係者の方も、現在の医事法のあり方を知るには最適の1冊だと思われます。
+ RECOMMEND
APPLE MacBook Pro 15?/2.2GHz Core 2 Duo/2G/120G/8x SuperDrive DL/Gigabit/BT/DVI MA895J/A
APPLE MacBook Pro 15?/2.2GHz Core 2 Duo/2G/120G/8x SuperDrive DL/Gigabit/BT/DVI MA895J/A

6月に発売されたIntel Mac Book Proのマイナーバージョンアップ機を、HDDをBTOで120GB→160GBに変更して入手しました。3月から使い始めたiMacに続いて2台目のMacは、従来のPCと異なり、なによりも早いという印象です。詳しいリポートは今後のブログや本格稼働するサイトで更新していく予定です。
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE